家族で植物を育てる効果とは

スポンサーリンク
住まい
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

皆さんのご家庭には、植物がありますか?

インテリアの一つとして飾るご家庭もあるようですが、観葉植物や切り花などには、子どもや大人に様々な効果をもたらすことはご存じでしょうか。

今回は、家族で植物を育てる効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

植物を育てる効果とは

植物を育てることは、子どもにとっても良い影響が期待できます。

文部科学省「小学校の理科」には、以下のような記載があります。

自然の事物・現象とのかかわり,科学的なかかわり,生活とのかかわりを重視することにより,問題解決の能力や自然を愛する心情を育て,実感を伴った理解を図り,科学的な見方や考え方をもつことができるようにすることが大切である。

文部科学省 小学校理科の特性(抜粋あり)

子どもは、自然とかかわることで、関心や意欲、主体的に問題を見つけることなどができるようになると考えられています。

自然との関りは、特に野外で有効であると言われているので、ご家庭だけではなく、キャンプやなどで自然の植物と関わることもおすすめです。



家族で植物を育てる効果

家族で植物を育てることやお手入れすることは、子どもの五感を刺激しますし、命の大切さも学ぶ機会ですから、知育としても最適です。

ここからは、家族で植物を育てる効果をご紹介します。

優しい気持ちになる

家族で植物を育てる効果は、優しい気持ちになるということです。

種から芽が出るまでは、水やりが必要ですし、目が出たばかりの頃は、小さくて繊細なので、丁寧に扱う必要があります。

植物を育てることで優しい気持ちになることは、情操教育にも繋がります。

家族でお世話する際に、植物に声を掛ける習慣をつければ、植物が物ではなく、命があることを実感しやすく、優しい気持ちがどんどん育っていきます。

引っ張る、折るなど扱い方によっては、育ちが遅くなる、枯れることもあります。

実際に植物と触れ合うことで、植物との接し方を学んでいきますから、親が丁寧に育てる姿を見せることで、子どもの優しい気持ちも一緒に養うことができるでしょう。

知的好奇心を養う

家族で植物を育てる効果は、知的好奇心を養うことです。

植物を育てる際は、植物によって水やりの仕方、日当たり、栄養、植え替えなどお手入れが異なります。

家族で一緒に育てる中で、「こうしたほうがいい!」、「これはやらないほうがいい!」など実際に育てることで気づくこともあります。

植物の元気がなくなった時の対策や改善策を考えることや調べることは、知的好奇心を育むことにも繋がります。

子どもから質問された時は、すぐに答えず、親も一緒に考えることがポイントです。

図鑑や本、読売KODOMO新聞などで知識を収集して、子どもの知りたい気持ちや答えを知る楽しさを伸ばし、サポートすると良いでしょう。

五感を刺激する

家族で植物を育てる効果は、五感を刺激するということです。

植物を育てる際は、土の存在が欠かせません。

肥料を入れる、植え替えるなどの際に、土に触れることで五感を刺激します。

五感を刺激することは、脳の活性化に繋がるので、脳の成長期の子ども、そして認知症予防として大人にも良い効果をもたらします。

コミュニケーション能力を養う

家族で植物を育てる効果は、コミュニケーション能力を養うことです。

育てる植物をどれにするか、水やりの頻度、肥料の量など様々なことを家族で話すことは、コミュニケーションをとる良い機会になります。

「綺麗だね」、「やっと咲いたね」など植物があることで、家族の会話のきっかけも増えて、家族の絆も深まっていくでしょう。

命の大切さを知る

家族で植物を育てる効果は、命の大切さを知るということです。

植物を育てることやお世話することで、愛着がわきますし、育てる喜びも感じることができますが、どれだけ手をかけ、大切に育てても枯れることがあります。

病気で枯れる、成長を終えるなど、植物とのお別れが来ることは、自然な流れでもあります。

愛情をもって接しても終わりがあることを知ることで、生きていることの尊さ、悲しみなどを学びます。

終わりが来た植物は、二度と元には戻らないことを知り、生命が儚いことについても気づくことができます。

家族で植物を育てることで、お友達や家族など共に生きる人たちのことも大切にしたい思えるようにもなるでしょう。

食育になる

家族で植物を育てる効果として、食育になるということもあります。

植物を育てることで、季節を感じることができますが、中でも野菜は、季節感を感じやすいのでおすすめです。

家族で季節の野菜を育てることで、子どもが嫌いな野菜でも食べることができるようになることがあります。

自分で育てたことで食べ物に対して感謝の気持ちも持ちやすくなるので、子どもだけではなく、大人の野菜不足の解消にも繋がるでしょう。

謙虚さを学ぶ

家族で植物を育てる効果として、謙虚さを学ぶということもあります。

植物を育てることで、種から成長して大きくなるまでにどれだけの時間がかかるのかを知ることができます。

普段何気なく食べている食材を育てる人たちの苦労を知るきっかけになります。

水やり、肥料を与える、植え替えなど、手間暇をかけて作ったものがお店に並んでいるということを実感することで、謙虚さだけではなく、感謝の気持ちも育むことができるでしょう。

忍耐力が身につく

家族で植物を育てる効果として、忍耐力が身につくということもあります。

植物を種から育てる場合は、芽が出る、大きくなる、花が咲く、実をつけるなど段階があり、すぐに成長するわけではありません。

毎日の水やりや肥料を与えるなど、家族でお世話をすることで、植物は少しずつ育ちます。

植物が成長するためには、お世話し、見守るしかないので、自然に忍耐力が身につくでしょう。

精神が安定する

家族で植物を育てる効果は、精神が安定することです。

植物のお世話を太陽の下で行えば、幸せホルモンであるセロトニンも分泌されます。

セロトニンは、神経伝達物質で、精神安定や安心感などの効果が期待できます。

子どもにも大人にも必要なホルモンなので、家族で植物のお世話することで、リラックスできて、安心感がある家庭を作りましょう。

主体性が身につく

家族で植物を育てる効果として、子どもの主体性が身につくこともあります。

親が忙しくて水やりや肥料など、お世話ができない時は、子どもに作業を任せましょう。

最初は、言われた作業しかできなくても、何度か任せるうちに、お世話の内容ややり方、頻度などに気づきやすくなります。

親から言われなくても子どもが自主的に、植物のお世話ができるようになれば、植物のことだけではなく、様々なことに対して積極的に動くことができるようになっていきます。

褒めることが大切!

植物のお世話を子どもが終えた時には、褒めることも大切です。

特に、褒められることは、子どもの自信に繋がりますので、自己肯定感も高まり、勉強などに対しての主体性も身につくでしょう。



家族で植物を育てる【+hana(タスハナ)】

+hana(タスハナ)】は、花の定期便サービスです。

【花の定期便(タスハナ)】は、国内の花農家さんを元気にしたいという想いがあり、仕入れを国産にこだわっています。

市場直送で、新鮮な季節の花を自宅まで届けてくれるので、花を買いに行く必要もなく、プロが選ぶ花を楽しむことができます。

低価格でポスト投函!

低価格でポスト投函【花の定期便(タスハナ)】は、花が枯れる前に届くので、花がなくなる心配もありません。

ポスト投函で、安価に始めることができますし、珍しい品種が入るというサプライズも楽しむことができます。

お子様と買いに行く時間はないけれど、ご自宅で花を楽しみたいという方から人気があるサービスなので、この機会に【花の定期便(タスハナ)】を是非ご検討ください。



家族で植物を育てるキット【エンジョイプランター ベジ&フラワー】

エンジョイプランター ベジ&フラワー】は、エダマメ、ミニトマト、ミニヒマワリの3種類から選ぶことができます。

ひまわりは、5~7日程度で発芽し、開花時期は2ヶ月半程度です。

春から種まきができ、夏以外でも栽培を楽しむことができます。

発芽してから葉が増えていく楽しみや、鮮やかな黄色い花、咲き終えた後にはひまわりの種の収穫も楽しめます。

エンジョイプランター ベジ&フラワーのミニトマトやエダマメは、収穫して食べる楽しみもありますから、ご家族で育ててみませんか。



まとめ

家族で植物を育てる効果についてご紹介しました。

家族で植物を育てることは、子どもにも大人にも様々な効果が期待できることがおわかりいただけたでしょう。

最近では、種や土、プランターがセットになっている植物のセットもあります。

植物を育てるキットや切り花など、ご家庭内で植物を育てる方法は様々ありますので、家族時間の中に、植物を育てる時間を取り入れてみませんか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました