子どもの計算力を高める方法とは

スポンサーリンク
家庭学習
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

計算力は、学校の勉強だけではなく、大人になってからも必要な力です。

苦手意識を持たず、楽しく学ぶことが理想的ですが、算数嫌いのお子様もいます。

小学校の算数は、基礎的なことから始まります。

早めに克服することをおすすめしますが、子どもの計算力を高めるにはどのようにすれば良いか、トレーニングの方法ややり方がわからないという方もいるでしょう。

今回は、子どもの計算力を高める方法や必要性などをご紹介します。

スポンサーリンク

子どもの計算力を高める必要性とは

計算力は、算数や数学などの授業だけではなく、日常でも使うので人生において必要な力です。

  • 外出時の時間計算
  • 買い物時の支払い計算
  • ゲームの獲得ポイント計算

上記のように、計算力は日常でも使います。

子どもが計算力を身につけることは、算数や数学の授業が理解しやすくなって良い点数が取れるだけではありません。

まずは、子どもの計算力を高める必要性をご紹介します。

判断力が高まる

子どもの計算力を高める必要性は、判断力が高まるからです。

子どもの計算力を高めることは、前頭葉の活性化にもなり、判断力や認知機能も向上させる効果が期待できます。

判断力を身につけることは、人の意見に左右されず、自分で考えて決めることができ、主体的な学びにも繋がります。

暗算力が高まる

子どもの計算力を高める必要性は、暗算力が高まるからです。

紙やペンが無くても頭の中で瞬時に計算する力を身につけることは、学習効率の向上にも繋がります。

この他にも集中力、記憶力なども高めることができますので、算数力は、子どもにとって必要な力と言えるでしょう。



子どもの計算力を高める方法とは

計算力が高い子どもの共通点として、計算問題を解いて力を伸ばしたということがあります。

計算力を高めるためには、数字や計算になれる必要があるからです。

単に問題を解くのではなく、解き方やルールを理解した上で算数力も高まるのです。

ここからは、子どもの計算力を高める方法をご紹介します。

日常で数字を意識する

子どもの計算力を高める方法は、日常の中で数字を意識するということです。

算数の勉強という形になると苦手意識があるお子様は構えてしまいます。

遊びながら学ぶというスタイルであれば、無理なく数字に慣れていくことができます。

  • おやつの時間にお菓子を使って足し算、引き算
  • ブロック遊びの時間に同じブロックの数をかぞえてみる
  • 買い物の時間に500円渡して子どもにお菓子を買ってもらう

日常の中で数字や計算を意識することは、計算力を高めることに繋がります。

自分の力で考えることが計算力を高めるので、急かす、怒るなどはせず、答えが出るまで待つ姿勢も大切です。

計算を習慣にする

子どもの計算力を高める方法は、計算を習慣にすることです。

幼児向け、小学生向けの計算ドリルや問題集、教材などは様々あります。

毎日少しずつでも計算問題に取り組むことで、学習習慣がつきますし、計算力も伸びていきます。

タブレット学習教材であれば、子どもが間違えた所、苦手な所を繰り返し出題する機能があるので、反復学習効果が期待できます。

反復学習ができる「RISU算数」

RISU算数は、学習データの分析、理解度に合った問題、復習などを自動で行いますので、テンポよく問題を解くことができます。

つまずいた場合は、ピンポイントで解説したどうかのフォローがあるので、苦手意識の解消をしつつ、自尊心を育むこともできます。

子どもの成績アップ 効果で選ぶなら 【RISU算数】は、4歳から小学生が対象です。

飽きることなく、楽しみながら勉強を続けることができるので、計算力を無理なく高めることができるでしょう。

算数ゲームで遊ぶ

子どもの計算力を高める方法として、算数ゲームで遊ぶこともおすすめです。

算数を学ぶことができるカードゲームや知育玩具は様々ありますので、遊びの中で計算力を高めることもできます。

「京大・東田式 頭がよくなる算数ゲーム」

京大・東田式 頭がよくなる算数ゲームは、カード遊びができる算数ゲームです。

数字を使ったカードゲームを通して、楽しさだけではなく、算数力、論理的思考力、洞察力などを身につく効果が期待できます。

ルールは簡単ですが、遊べば遊ぶほど子どもの情報整理力の向上も期待できます。

京大・東田式 頭がよくなる算数ゲームの対象年齢は、6歳以上です。

この他にも、レゴやブロックで遊ぶことで、算数の図形問題、展開図にも強くなります。

算数力は、計算問題を解くだけではなく、立体的なおもちゃで遊ぶことでも高まります。

お子様の興味ややる気を持ちそうな内容を取り入れることで、自然に計算力が高まっていき、学力がアップすることで、算数も好きになるでしょう。

褒める

子どもの計算力を高める方法は、褒めることです。

子どもは親から褒められることで自信をつけて、自己肯定感を高めることができます。

算数の計算問題や遊びの中で、間違いや失敗があっても、頑張った過程を褒めることが大切です。

親から認められていると感じることで、前向きな気持ちになりますし、安心感の中で計算に取り組むことができます。

結果ではなく、頑張った過程を褒めてもらえることは、子どものやる気や目標にも繋がります。

算数で自信がつくことは、他の教科への良い効果をもたらし、学習意欲が高まる可能性もあります。

自己肯定感が高い子どもは、チャレンジ精神があり、積極的な性格になります。

困難からも逃げずに立ち向かうことができるので、計算問題にも前向きに取り組むことができ、計算力を高めていくことができるでしょう。



子どもの計算力を高める「よみかきそろばんくらぶ」とは

子供の計算力を高める方法として、そろばん教室もおすすめです。

そろばんは、以下の効果が期待できます。

  • 頭の回転が速くなる
  • 右脳の働きを高める
  • 発想力
  • 記憶力を高めるなど

また、暗算力を身につけるだけではなく、脳にも良い効果があるので、大人の脳にも刺激を与えることができ、認知症予防効果も期待されています。

よみかきそろばんくらぶとは

よみかきそろばんくらぶは、幼児から学べるオンラインのそろばん教室です。

学習内容は以下です。

  • 3桁10珠のそろばんを使う
  • 九九の暗唱を行う
  • カタカナ、ひらがなの硬筆のおけいこ
  • 読むおけいこ
  • 暗唱
  • 書写

※科目によってカリキュラムが異なります

そろばん体験教室実施中!

よみかきそろばんくらぶでは、体験教室を実施しています。

どんな授業なのかについて知りたい方、お試しで始めたい方におすすめです。

そろばんに触れたことがないお子様の場合は、新しい体験ができる良い機会です。

この機会に、是非よみかきそろばんくらぶで、そろばん体験をしてみませんか。



まとめ

子どもの計算力を高める方法や必要性、おすすめのそろばん教室などについてご紹介しました。

子どもの計算力は、日常やご家庭内で高めることができることもお分かりいただけたでしょう。

楽しいという気持ちは、子どもの学習意欲を高めますので、無理強いしないことも大切です。

よみかきそろばんくらぶは、オンラインで楽しく学べる教室なので、先生との交流によってコミュニケーション能力を養う効果も期待できます。

体験会も実施していますので、そろばんを使ったことがないというお子様は、この機会にそろばん体験をしてみませんか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました