プログラミングは何歳からおすすめなのか

スポンサーリンク
プログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

プログラミング教育は、2020年から小学校で必修化されました。

小学校で必修化されたことで、「何歳から始めればいいの?」、「小学校入学前は早すぎる?」、「幼児でもできるの?」など色々疑問に思う保護者の方は多いようです。

今回は、プログラミングは何歳からおすすめなのか、おすすめの理由、学び方、おすすめのプログラミングスクールなどをご紹介します。

スポンサーリンク

プログラミングは何歳からおすすめ?理由とは

プログラミングは、4歳から対象の教材が多いようです。

一般的には、4歳になるとブロック遊びやタブレット操作などを理解できて、集中もできるようになるので、4歳頃と言われています。

文部科学省幼児期の発育発達の特徴には、以下のような記載があります。

4歳になると単なる模倣から学習へと大きな変貌を遂げてくる。つまり、周囲を見る力(観察力)がつき、行動パターンも増えて、予測しながら自分なりに改良を加えていく能力が身についてくる。

文部科学省・調査結果の概要より

必ずしも4歳からということではなく、お子様の気持ちが大切です。

幼児期の発達は、個人差もありますので、焦ってプログラミングを取り入れることはありません。

あくまでも楽しくプロラミングを学ぶことが大切なので、おすすめの年齢は、お子様が興味を持ったその年齢ということになるでしょう。

プログラミングの年齢別おすすめの学び方



プログラミングは何歳からがおすすめなのかとその理由についてお分かりいただけたでしょう。

プログラミング学習は、幼児期から始めることはできますが、小学校になってから学ぶことになっても遅いということはありません。

もちろん、早いうちに始めたほうが、小学校に入ってから理解しやすいので、お子様が興味を持ったタイミングで始めることはおすすめです。

また、プログラミング学習で養うことができるプログラミング的思考は、人生を歩む上でも糧になります。

プログラミングでは、様々な効果が期待できますから、幼児期、早い段階から学ぶことにデメリットはないでしょう。

ここからは、幼児、小学生、中学生、高校生の年齢別おすすめの学び方をご紹介します。

幼児のプログラミングの学び方

幼児期は、おもちゃで遊びながらプログラミングを学ぶことがおすすめです。

ブロック並べること、ブロックを組み合わせること、ブロックでロボットや乗り物、動物などを作ることなどがおすすめです。

小学生のプログラミングの学び方

小学校では、タブレットやパソコンなどを使って、教科の中でプログラミングを学びます。

図形やイラストなど目で見て、感覚的に操作できるビジュアルプログラミング言語がおすすめです。

ScratchやViscuit、マインクラフトなどは、お子様でも操作しやすく、楽しみながらプログラミングを学ぶことができます。

ゲーム感覚で進めていくので、プログラミング初心者でもゲームやアニメーションなどを作ることができます。

ブロックやアイテムを使用するマインクラフトは、建築や冒険などを楽しみながら自分の世界を作ることができますので、お子様だけではなく、保護者の方もハマるケースが多いようです。

中学生・高校生のプログラミングの学び方

中学生や高校生になると本格的なプログラミングを学ぶことができます。

ビジュアルプログラミング言語ではなく、テキストプログラミング言語を使うので、より実践的なプログラミングを学びます。

年齢別おすすめのプログラミングスクール



プログラミングは何歳からがおすすめなのか、その理由やおすすめの学び方についてご紹介しましたが、ここからはおすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

ここからは、幼児、小学生、中学生、高校生の年齢別おすすめのプログラミングスクールをご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

幼児におすすめワンダーボックス

ワンダーボックスは、4歳から10歳のお子様が対象で、STEAM教育が学べるという特徴があります。

毎月ご自宅にお届けするWonderBoxのキットは、ワークブックやパズルなどで、専用のアプリを組み合わせて学ぶスタイルです。

約10種類の教材で構成されており、プログラミング、アート、パズルなどを自由に学ぶことができます。

お子様の意欲を引き出して、感性と思考力を育てることを目的としているので、正解がない自由な創作ができるという魅力もあります。

ワンダーボックスは、入会金や送料が無料なので、安心して始めることができる教材です。

ワンダーボックスの料金(税込)は以下です。

  • 12ヵ月一括払い月々3,700円
  • 6か月一括払い月々4,000円
  • 毎月払い月々4,200円

WonderBoxは、最短2か月からの受講が可能で、中途解約は残月分の返金があります。

また、兄弟を追加できる割引があり、1人目半額になります。

きょうだい2人であれば、1人目3,700円+2人目1,850円になるので、人数分で割ると、1人当たり月々2,775円とお得になります。

幼児におすすめLITALICOワンダーロボットクリエイトコース

ITALICOワンダーのロボットクリエイトコースは、5歳から学習できるロボットプログラミング教室です。

【LITALICOワンダー】のロボットクリエイトコースは、幼稚園年長さんから小学3年生までが対象です。

教材は、レゴや専用ソフトウェア、教材(テキストや動画)で、お子様の興味に合わせてアレンジして使用することができます。

自由な組み合わせで、様々な方法を試すことができるロボット教室です。

オンラインのロボットクリエイトコースは、少人数のグループレッスンなので、学びやすく、目も届きやすいという特徴もあります。

LITALICOワンダーは小学生にもおすすめ

LITALICOワンダーのゲーム&アプリプログラミングコースは、小学生におすすめです。

Viscuit(ビスケット)やScratch(スクラッチ)などのプログラミング学習ツールを使って、オリジナルのゲーム制作に挑戦できます。

通いだけではなく、オンラインでも学習もできますから、地方の方でもプログラミング教育を受けることが可能です。

【LITALICOワンダー】には、ゲーム&アプリプログラミングコースの他、ロボットコース、デジタルファブリケーションコースなどもあります。

LITALICOワンダーがどんな授業か知りたいお子様や保護者の方は、無料の体験授業へ参加できます。

体験授業は同時に2名まで可能ですから、お友達やお兄弟とのご予約ができますので、皆さんで参加してみませんか。

小学生におすすめe-crefus(イークレファス)

e-crefus(イークレファス)は、小学3年生からが対象です。

【e-crefus】では、レゴを使ってロボットを作るので、ロボット遊びが好きなお子様におすすめのロボットプログラミングスクールです。

コースは12種類で、プレゼン力を身につけるための大会や発表の場が豊富にあります。

また、ロボット技術検定の認定校であり、子供の成長を実感できるプログラミングスクールとしてイード・アワード3部門受賞しております。

更に、e-crefus(イークレファス)は、オンライン授業も人気です。

e-crefus(イークレファス)では、教室と同じテキストやロボットを使ってプログラミングを学ぶことができます。

質問しやすく、初心者でも学びやすいスタイルですし、教室での授業よりも費用が安いという魅力もあります。

小学生におすすめロッボクラブ

ロッボクラブは、英語とプログラミングを学ぶことができます。

英語は、外国人講師から学びますが、日本人講師もいますから、英語が未経験のお子様でも安心して授業を受けることができます。

英語で学ぶロボット教室「ロッボクラブ」の料金は以下です。

  • 入会金10,000円
  • 月額19,800円

ロッボクラブでは、3Dモデリングによって作るロボットをプログラミングで動かすことができます。

教室だけではなく、オンラインで自宅から受講することも可能で、Scratchを用いたプログラミングや電子回路設計、3Dモデリング、アプリ開発なども学びます。

英語で学ぶロボット教室「ロッボクラブ」には、フィンランド式教育メソッドで受賞歴は多数あり、未来のグローバルリーダーの輩出も目指している教室です。

英語もプログラミングも学ばせたいとお考えの保護者の方におすすめですから、この機会にご検討ください。

小学生におすすめヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、小学3年生からのお子様が楽しく学ぶことができます。

全国200教室以上で開講しているヒューマンアカデミーは、子供の知的好奇心や思考力を伸ばすためのカリキュラムが豊富にあります。

パソコン初心者のお子様でも安心して取り組めるように、難易度が低い課題からスタートします。

教材は、ヒューマンアカデミーオリジナルの教材です。

謎解きをしながらパソコン操作からプログラミングを学びます。

ヒューマンアカデミーの料金は以下です。

  • 入会金11,000円(税込)
  • 月謝9,900円(税込)
  • その他(教材費やバック代など)

ヒューマンアカデミーでは、無料体験会も実施していますので、是非この機会にご検討ください。

小学生におすすめクラスモールキッズ

クラスモールキッズは、5歳から13歳までが対象です。

オリジナル開発のマインクラフトのワールドを舞台に、プログラミングを学びます。

クラスモールキッズの最大の特徴は、料金プランです。

クラスモールキッズの料金は、1回単位です。

料金は、1回単位で3,980円(税込)からとわかりやすいプランです。

クラスモールキッズは、オンラインでのプログラミング学習なので、全国各地、どこからでも受講することができます。

クラスモールキッズのプログラミングコースでは、ゲームをしているような感覚で、プログラミングの知識を自然に身につけることができます。

プログラミング初心者のお子様でも楽しみながらプログラミングを理解できる内容です。

また、クラスモールキッズオンラインでは、好きなクラスで無料体験ができますので、是非お試しください。

小学生におすすめデジタネ

デジタネ(旧D-SCHOOLオンライン)は、マインクラフトやScratch、Roboloxなどを使ってゲーム感覚でプログラミングを学習できます。

デジタネ(旧D-SCHOOLオンライン)の特徴は、月額料金4,980円(税込)で学び放題ということです。

年間プランを選んだ場合は、月額料金が3,980円になるので、年間で12,000円お得になります。

デジタネ(旧D-SCHOOLオンライン)のコースは以下です。

  • 小学1年生からが対象のマイクラッチやScratch、
  • 小学校高学年からが対象のRoblox、JavaScript、HTML&CSSなど

また、デジタネ(旧D-SCHOOLオンライン)では、ネットリテラシーを身につけることもできます。

ネットリテラシーとは、インターネットを使う上で理解しておくべき基礎知識のことです。

自分が知らないうちに犯罪に巻き込まれる、加害者になるなどを防ぐために大切な能力です。

デジタネ(旧D-SCHOOLオンライン)では、無料体験ができる期間限定キャンペーンを実施中です。

マイクラッチコースの受講に必要なマインクラフトJava版(本体)の購入代金相当の3,960円が実質無料になるキャンペーンもありますので、この機会に体験してみませんか。

小学生・中学生におすすめ個別指導塾ラシクGames

個別指導塾ラシクGamesの対象学年は、小学2年生から中学2年生までです。

カリキュラムは、ジュニア・プログラミング検定完全準拠で、内申書にも書けるという特徴があります。

個別指導塾ラシク プログラミング講座プロモーションで使用する言語は、Scratchでステップアップ式のプログラミングスクールです。

個別指導塾ラシクGamesの月額料金は、1コマ60分4回8,800円(税込)です。

初回教材費はかかりますが、入学金、管理費等の請求は一切ありません。

無料体験もありますので、気になるからはこの機会に是非ご検討ください。

中学生・高校生におすすめCode of Genius

Code of Geniusは、中学生・高校生が対象のプログラミングスクールです。

本格的なプログラミングを学びながら、プログラマーになるための知識や技術、思考力などを学ぶことができます。

Python、JavaScript、C#など、プログラミング言語で、アプリやゲームの開発を行います。

本格的なプログラミングが学べる!中、高校生向けプログラミングスクール「Code of genius」では、プログラミングの考え方の基本であるScratchから学びます。

その後、JavaCriptのレベル1、そしてレベル2、HTMLというように、マスターコースコースまで順番に進むことができます。



まとめ

プログラミングは何歳からおすすめなのか、理由や学び方、おすすめのプログラミングスクールなどをご紹介しました。

プログラミング学習は、いつから始めても良いということがお分かりいただけたでしょう。

プログラミングを学ぶ時は、年齢に合う方法、お子様のレベルに合う方法で学習することが大切です。

プログラミングスクールによって、内容も料金も異なりますから、気になるところがあれば比較検討して、お子様に合う教室を見つけましょう。



タイトルとURLをコピーしました