バイリンガル教育とは?メリットも

スポンサーリンク
家庭学習
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

子どもの英語教育の必要性が高まっており、バイリンガル教育が注目されています。

バイリンガル教育は、早期教育によって効果が期待できると言われていますが、馴染みがないという方もいるでしょう。

今回は、バイリンガル教育とはどんな内容なのか、メリット、デメリット、東北初進出のi Kids Starについてもご紹介します。

スポンサーリンク

バイリンガル教育とは

バイリンガル教育は、2つの言語を使い分けることができるように教育することです。

例えば、両親のどちらかが日本語、どちらかが英語を話す場合は、日常の中で自然にバイリンガルに育つ可能性があります。

日本でのバイリンガル教育の場合は、日本語が母国語になり、英語が第二言語になります。

バイリンガル教育を始めるタイミング

バイリンガル教育は、脳が発達する幼児期から始めることが良いと言われています。

6カ月から2歳頃は、母国語習得に関わる脳の部分が発達する時期です。

この時期に英語耳が作られると言われているので、早い段階から英語に触れる生活にすることがおすすめです。

英語耳だけではなく、英語を日本語に変換しない英語脳の獲得も期待できます。



バイリンガル教育のメリット、デメリットとは

バイリンガル教育の特徴や内容についてご紹介しましたが、ここからはバイリンガル教育のメリットやデメリットをご紹介します。

バイリンガル教育のメリットとは

バイリンガル教育のメリットは、英語脳や英語耳が身につき、英語が好きになるというだけではありません。

バイリンガル教育は、子どもの将来の選択肢や可能性を広げるというメリットもあります。

幼児期から英語力を身につけることで、グローバル化が進む社会に対応できます。

また、英語は、自分の気持ちをストレートに伝える表現もあるので、感情表現がしやすく、コミュニケーション能力を高める効果も期待できます。

日本語と英語を学ぶバイリンガル教育によって、海外留学や海外進出などの可能性も広がるでしょう。

バイリンガル教育のデメリットとは

バイリンガル教育によって日本語と英語を身につけることは、子どもの将来の可能性を広げることになりますが、デメリットもあります。

幼児英語教育のデメリットは、ダブルリミテッドを起こす可能性があるということです。

ダブルリミテッドとは、2つの言語が未熟になり、発達しない状態です。

言語の習得ができなければ、論理的に考える論理的思考力も未発達になり、子どもの学力が伸びない可能性があります。

論理的思考力は、人生においても必要になる力なので、英語も日本語学習もバランスよく取り入れて、ダブルリミテッドが起きないように気を付けましょう。



バイリンガルに育てる方法とは

バイリンガル教育では、メリットやデメリットがあることがお分かりいただけたでしょう。

ここからは、バイリンガルに育てる方法をご紹介します。

英会話教室へ通う

バイリンガルに育てるためには、英会話教室へ通うという方法があります。

子ども向け英会話教室では、お子様でも楽しく、英語を身につけることができるのでおすすめです。

英会話教室「リップルキッズパーク」とは

「リップルキッズパーク」は、こども専門のオンライン英会話ができる教室です。

ABCがわからないお子様でも安心して始めることができる教室なので、顧客満足度は90%以上あります。

リップルキッズパークは、3歳から英語を学ぶことができる教室です。

マンツーマンレッスンなので、お子様に合わせたレッスンを受けることができます。

  • 歌やお話を聞く
  • ゲーム
  • クイズ

上記のように、お子様が楽しく英語を学べるコンテンツが豊富で、自然に英語を学ぶことができます。

入会金は不要ですし、兄弟や親子でレッスンを一緒に学ぶことができるという特徴もあります。

無料でレッスン体験できる!

リップルキッズパークでは、2回無料体験レッスンの受講が可能です。

子ども専門オンライン英会話ならリップルキッズパークの無料会員へ登録をするだけで、体験レッスンを受けることができます。

英会話教室が初めてという方にもおすすめですから、この機会にリップルキッズパークの体験レッスンへ参加してみませんか。

英語の遊びやゲームを取り入れる

バイリンガルに育てる方法として、英語の遊びやゲームを取り入れることもおすすめです。

歌やしりとり、ジェスチャーゲームは、英語を使って遊ぶことができるので、勉強ではなく、遊びの延長として英語を身につけることができます。

バイリンガル教育のスクールや英会話教室もありますが、まずは英語に親しんで欲しいとお考えの保護者の方には、英語の絵本やCD、DVDなどもおすすめです。

バイリンガル教育のスクールへ通う

バイリンガルに育てる方法として、バイリンガル教育のスクールに通うこともおすすめです。

バイリンガル教育を取り入れている保育園や幼稚園などは全国各地にあります。

i Kids Star(アイキッズスター)とは

i Kids Star(アイキッズスター)は、やる気スイッチグループの幼児園ブランドです。

2018年に誕生したi Kids Starの特徴は以下です。

  • バイリンガル教育
  • 知能教育
  • 運動指導

i Kids Starは、保育と教育を融合させた幼児園です。

宇都宮や新百合ヶ丘、仙川、いりなかなどにあり、2024年には東北に初進出する予定です。

東北に初進出i Kids Star仙台東口が開園

i Kids Starは、東北初進出が決まりました。

2024年春、宮城県に「i Kids Star仙台東口」を開園予定です。

東北初進出で、店員は114名です。

仙台東口から徒歩7分の好立地の場所で、年少々さんから年長さんまでの4学年です。

2024年度の入園説明会は、2023年9月18日です。

i Kids Starにご興味がある方は、是非参加してみませんか。



まとめ

バイリンガル教育とはどんな教育なのか、メリットやデメリットなどについてご紹介しました。

バイリンガル教育のメリットやデメリットなどについてもお分かりいただけたでしょう。

日本語と英語が身につくバイリンガル教育は、専門のスクールで受けることもできますが、ご家庭で気軽に取り入れる方法もあります。

英語教材やおもちゃ、ゲーム、英会話教室もありますので、お子様の興味や関心に合う方法で、英語学習を取り入れてみませんか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました