小学生の家庭学習の教科別やり方

スポンサーリンク
プログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

小学校では授業の中で様々な科目を学びますが、授業内で学習内容を覚えることは難しいので、自宅での予習、復習、宿題の取り組みなどが必要です。

授業では覚えきれなかったことは、家庭学習で行うことが一般的ですが、ご家庭内で勉強する際に、どのようにすれば良いか悩んでいる保護者の方もいるでしょう。

特に低学年のお子様は、自分で勉強するスタイルが身についていないこともありますから、保護者の方のサポートが必要です。

今回は、小学生の家庭学習の教科別のやり方やおすすめの学習教材などをご紹介します。

スポンサーリンク

小学生の家庭学習の教科別やり方とは

小学校では、国語や算数、理科、社会、英語などを学びます。

また、プログラミング教育が必修化されたので、科目の中でプログラミングを学ぶという取り組みも行われています。

小学校で学ぶことは、中学校や高校、大学へ進んでいく際に必要な知識であり、基礎や基本なので、きちんと身につける必要があります。

まずは、小学生の家庭学習の教科別やり方をご紹介します。

国語

小学生の家庭学習の教科別やり方として、まずは国語からご紹介します。

小学生の国語では、読み書きや音読、読解力、作文などを学びます。

自分を表現することや相手を理解することなど、生きていく上で大切なことも様々学ぶことになります。

国語を勉強するやり方としては以下があります。

  • 漢字の書き取り
  • 言葉の意味を調べる
  • 教科書の音読

読書もおすすめ!

また、国語の勉強法として読書もおすすめです。

読書をすることで言葉を覚え、漢字も覚えることができます。

読み終えたらそこで終わりにするのではなく、ご家族で読書の感想を共有することもおすすめです。

読書したら感想を書くノートを作ることで、自然に文字や漢字を覚えていきますし、本についての理解も家族で深めることができます。

家庭学習の際は、本の感想をノート上で交換することで、家族間のコミュニケーションもとれるのでおすすめです。

算数

小学生位の教科別やり方として算数の場合は、繰り返すことがポイントになります。

算数では、足し算や引き算、倍数、図形、体積、割合など様々なことを学びます。

算数の問題は、一度ではなく、何度も繰り返して解くことで身につきやすいと言われています。

もちろん、問題を解くためには、基礎も必要になります。

例えば、九九や分数は基本を覚えないと問題を解くことができません。

授業時間内で覚えることが難しい場合は、家庭でも覚えることができるように、目につく場所に九九が書いてあるポスターを貼り、ご家族で問題を出し合うこともおすすめです。

理科



小学生の家庭学習の教科別やり方として、理科の場合は、動物や植物のことを覚えるために、植物園や動物園へ出かけることもおすすめです。

出かけて興味を持つことがあれば、そこから様々なことに関心が広がり、知識が増えていくので、お出かけが家庭学習になります。

小学生の理科では、観察や実験を通して学習しますので、植物や動物だけではなく、昆虫、天気など様々なことを学びます。

もちろん、教科書の内容も大切ですから、基本的なことは問題集を解いて暗記していることもポイントです。

社会

小学生の家庭学習の教科別やり方として、社会の場合は歴史について学ぶことができるように、博物館へ出かける、観光へ行くなどもおすすめです。

地図を見て出かけることで地図の見方や地名を覚えることができます。

また、家庭学習の方法として世界地図、日本地図などのポスターを貼ることもおすすめです。

社会では地理や歴史、世界との関りなども学びます。

歴史は覚えることがたくさんあるので、漫画や読みやすい本に触れて、繰り返して読むことで自然に暗記することができるでしょう。

英語

小学生の家庭学習のやり方として英語は、幼児期から始めることで身につけやすいと言われています。

家庭では、英語の歌や映画、ドラマなどを見る習慣をつけることで、自然と耳に英語が入っていきますので聞く力が付きやすくなります。

最初は吹替、次に字幕、最後に英語だけというようにレベルアップしていくことで、お子様でも無理なく英語を覚えることができるはずです。

プログラミングもおすすめ!

また、小学校では、プログラミング教育が必修化されたので、プログラミング学習の中で、プログラミング的思考を養うことが期待できます。

最近では、英語とプログラミングを一緒に学ぶことができるプログラミング教室もあります。

英語で学ぶロボット教室「ロッボクラブ」では、外国人講師が指導します。

プログラミングの知識だけではなく、英語にも授業の中で自然に触れることができます。

日本人講師も一緒に指導しますので、英語もプログラミングも学んで欲しいという保護者の方におすすめの教室です。

小学生の家庭学習のやり方としておすすめの教材とは



小学生の家庭学習のやり方として、楽しく、長く続けることができる学習教材を選ぶこともポイントになります。

ここでは、小学生の家庭学習のやり方としておすすめの教材をご紹介します。

すららとは

小学生の家庭学習のやり方としておすすめのすららは、不登校でも出席扱いになるサポートがあるオンライン学習教材です。

不登校でも出席扱いになるためには条件があります。

すららでは全ての条件を満たしており、全国300人以上の不登校のお子様が出席扱いとして認められているという実績もあります。

無料体験実施中!

すららでは、特別無料体験を実施中で、資料請求もできます。

89.1%のお子様がすららでの学習を継続していますので、この機会に試してみませんか。

名探偵コナンゼミ

小学生の家庭学習のやり方としておすすめの名探偵コナンゼミには、様々な魅力があります。

名探偵コナンゼミの特徴を3つご紹介します。

  • 小1から小6まで学べる
  • 国語や算数、思考、複合教科、英語、ナゾトキがあり、毎月取り組むことでステップアップできる

また、名探偵コナンゼミナゾトキでは、5つの力を鍛えることができます。

  1. 空間認知力
  2. 読解力
  3. 推理力
  4. 直観力
  5. 論理力

名探偵コナンゼミナゾトキは、ベーシックコースとアドバンスコースがあり、対象年齢がそれぞれ異なります。

アニメとナゾトキによる学習なので、小学生のお子様が楽しみながら取り組むことができます。

アニメを楽しみながらナゾを解く「名探偵コナンゼミ」の料金は、選ぶコースや支払い方法で異なります。

名探偵コナン通信教育(教材配送)とナゾトキをセットにした場合、入会のタイミングでも異なります。

キャンペーンを実施しているお得な期間もありますので、是非ご検討ください。

スタディサプリ

小学生の家庭学習のやり方としておすすめのスタディサプリ小学講座・中学講座は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。

5教科18科目1万本を超える講義動画がパソコンやタブレット、スマホから見放題(繰り返し学習が可能)になっています。

スタディサプリ(スタサプ)の魅力は、月額1,980円という料金です。

また、自宅のパソコンやタブレットから学習できるので、専用教材の購入は必要ありません。

スタディサプリは、今なら2週間無料のお試しができます。

小学生の家庭学習には家庭教師や個別指導もおすすめ



小学生の家庭学習のやり方としておすすめの学習教材をご紹介しましたが、家庭学習には家庭教師や個別指導スタイルもおすすめです。

ここでは、小学生のおすすめの家庭学習として、家庭教師や個別指導スタイルのところを2社ご紹介します。

学研の家庭教師

小学生の家庭学習のやり方としておすすめの学研の家庭教師は、オンラインでの指導も行っているので、全国どこからでも指導を受けることができます。

学研の家庭教師は、苦手科目を克服したいお子様だけではなく、復習や予習にも最適なです。

小学生だけではなく、中学生や高校生も対象なので、高校受験や大学受験を視野にして、長く続けることができます。

専任スタッフが目標管理を行い、サポートしますし、オーダーメイドカリキュラムも実施しています。

学研の家庭教師のコースや料金は、月謝制で教材の販売はありませんから、安心して利用することができるという特徴もあります。

家庭教師入会問い合わせプロモーション

学研の家庭教師では、学習面だけではなく、メンタルや生活面のサポートもありますから、まずは、無料カウンセリングと無料体験授業へ参加してみませんか。

個別指導のティントル

小学生の家庭学習のやり方としておすすめの不登校専門オンライン個別指導ティントルは、学習支援だけではなく、様々なことの力になりたいと考えているスタッフが揃っています。

子供の家庭学習におすすめティントルの魅力をご紹介します。

  • お子様の状況、希望に合わせてコマ数やサポートの有無が自由に選べる
  • お子様に合わせた指導内容、配慮など専門のスタッフが講師として指導
  • オンラインでも出席扱いになる(学校長の認可が必要)
  • 教育カウンセラー1級不登校心理相談士の資格を持ったスタッフがサポート
  • 通信制高校の生徒の進学(面接や小論文対策、勉強の仕方、受験の制度についてなど)もサポート
  • minecraftが土台のマイクラッチという教材を使用して、プログラミングを学ぶことができる

【ティントル 不登校専門オンライン個別指導】は、1コマ30分の授業です。

詳しくは相談会や無料体験などでご確認ください。

小学生の家庭学習のポイント



小学生の家庭学習の教科別やり方やおすすめの学習教材などをご紹介しましたが、最後に小学生の家庭学習のポイントをご紹介します。

勉強できる環境を作る

小学生の家庭学習のポイントとして、勉強できる環境を作ることが大切です。

勉強できるスペースがない、勉強する机やテーブルが散らかっている、ゲームや漫画など視界に入る所にあるなどの場合は、遊びへ気持ちが向かってしまう可能性があります。

家庭学習の際は、机を片付ける、ゲームなどを目に付くところに置かないなどして、勉強に集中できる環境にしましょう。

目標を設定する

小学生の家庭学習のポイントとしてとして、目標を設定することもおすすめです。

小学生の低学年の場合は、大体15分~30分が勉強時間の目安になります。

「15分間勉強したらその後はおやつの時間」、「30分勉強したらゲームの時間」というように時間と目標を設定することで、家庭学習に取り組みやすくなるでしょう。

ご褒美を用意する

小学生の家庭学習のポイントとして、ご褒美を用意することもおすすめです。

小学生の中には、ゲームが好き、動画を見ることが好きなど勉強より夢中になれることがあるお子様もいるでしょう。

それらを全て禁止したからといって勉強に集中できるわけではありません。

「勉強が終われば、好きなことや好きな遊びをしてもいいよ」と伝えることで、早く勉強しようという気持ちになるお子様もいます。

お金や物ではなく、「一緒にゲームする」、「週末に家族でお出かけする」などお子様の心が満たされるご褒美をおすすめします。

寄り添う

小学生の家庭学習のポイントとして、寄り添うこともおすすめです。

お子様へ勉強を促すために「勉強しなさい!」と怒ってもやる気は出ません。

家庭学習を嫌なことではなく、頑張れば褒めてもらえると嬉しいことと実感できるように、「勉強しよう」と優しく声がけしましょう。

お子様が一人で勉強できるようになるまでは、洗濯物をたたむ、読書するなどして寄り添いましょう。

習慣がつけば、あとは一人でも勉強できるようになるでしょう。



まとめ

小学生の家庭学習の教科別やり方についてご紹介しました。

小学生の家庭学習におすすめの教材についてもおわかりいただけたでしょう。

家庭学習の教材は様々あり、内容や料金が異なりますので、気になるところがあれば、比較検討することをおすすめします。

体験会を実施しているところもありますので、少なくとも2から3社ほどを比べて、お子様にピッタリの学習教材ややり方を選びましょう。



タイトルとURLをコピーしました