幼児英語教育の効果とは?幼児英語教育におすすめの英会話教室も

スポンサーリンク
家庭学習
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

幼児教育は、音楽やそろばん、プログラミングなど様々な方法がありますが、英語を学ぶこともおすすめです。

幼児英語教育では、幼児期のお子様が楽しみながら英語と触れ合うことで、様々な力を身につけることができます。

しかし、幼児英語教育をすることは、子どもにどんな効果があるのか、どのような方法で英語を学ばせれば良いのかなどがわからない保護者の方もいるでしょう。

今回は、幼児英語教育の効果やメリット、デメリット、幼児英語教育におすすめの英会話教室などについてご紹介します。

スポンサーリンク

幼児英語教育の効果やメリットとは

幼児教育は、小学校入学前のお子様を対象にした教育ですが、勉強とは異なり、様々な体験をする中で、知識や技術などを習得することが目的です。

幼児期は、様々なことを吸収する時期です。

学習効果も高くなる時期なので、幼児英語教育を取り入れることで、無理なく、自然に英語を身につけることができるでしょう。

まずは、幼児英語教育の効果やメリットをご紹介します。

英語耳が身につく

幼児英語教育の効果やメリットとして、英語耳が身につくということがあります。

英語耳とは、ネイティブ英語の発音を聞き取ることができる能力です。

日本語と英語は、周波数帯が異なるので、大人になってから英語の発音を聞き取ることは難しいと言われています。

幼児期から英語に触れることで、ネイティブ英語やL・Rの発音の区別もつきやすくなります。

幼児期は、数回聞いただけでも覚えることができるほど学習効果も高くなる時期なので、幼児英語教育を取り入れることで、様々な単語もどんどん吸収することができるでしょう。

英語脳になる

幼児英語教育の効果やメリットとして、英語脳になるということもあります。

英語脳は、英語を聞いた時に、英語のまま理解できる力です。

英語脳ではない場合は、日本語に翻訳する作業が必要です。

例えば、Apple(アップル)と聞いた時は、日本語の「りんご」へ脳内で翻訳します。

しかし、英語脳であれば、AppleはAppleのままで理解することができます。

聞いた英語を英語のままで理解できれば、翻訳する作業がない分、会話がスムーズに進みます。

幼児期は、日本語と英語の聞き分ける力が育つ時期です。

英語も日本語と同じように習得できれば、英語がわからないと楽しめないような世界も楽しむことができるようになるでしょう。

英語が身近になる

幼児英語教育の効果やメリットとして、英語が身近になるということもあります。

幼児期から英語学習を始めることで、母国語ではない英語でも身近に感じることができます。

英語を楽しく学ぶことは、子どもの興味や関心を高めることにもなります。

知的好奇心が高まることで、学習意欲も向上するので、英語だけではなく、算数や国語などにも興味を持つようになるかもしれません。

楽しいという気持ちは、子どもの集中力を高めることにもなります。

幼児英語教育の内容が充実している教材を選ぶことで、ストレスも感じることなく取り組めるでしょう。

幼児英語教育教材「ディズニー英語システム」

ディズニー英語システム」は、長くお使いいただける英語学習の教材です。

「ディズニー英語システム」の対象年齢は、0歳から12歳までです。

0歳から英語を学ぶことは、母国語のように自然に身につく効果が期待できると言われているので、ディズニー英語システムが最適です。

お馴染みのキャラクターと英語を学べるので、お子様でも取り組みやすいという特徴もあります。

ディズニー英語システムでは、無料サンプルやポスター、絵本などのプレゼントがありますので、この機会に無料サンプルを請求してみませんか。

幼児英語教育のデメリットとは



幼児英語教育の効果やメリットについてご紹介しましたが、デメリットもあります。

ここでは、幼児英語教育のデメリットをご紹介します。

英語嫌いになる可能性がある

幼児英語教育のデメリットは、子どもが英語嫌いになる可能性があるということです。

幼児教育は、子どもが主体となり、一人で進めることができないので、親や保護者の方がサポートする必要があります。

しかし、幼児英語教育に力を入れるあまり、子どもへ強制、強要してしまうことは、子どもの負担になってしまいます。

楽しかった英語が苦痛になると英語を見るだけでも拒否反応を示すことになりかねません。

幼児英語教育は、お子様の興味や関心に合う教材やおもちゃなどで進めることが大切です。

ダブルリミテッドを起こす可能性がある

幼児英語教育のデメリットは、ダブルリミテッドを起こす可能性があるということです。

ダブルリミテッドとは、2つの言語が未熟になり、発達しない状態です。

言語の習得ができなければ、論理的に考える論理的思考力も未発達のままなので、子どもの学力も伸びない可能性があります。

論理的思考力は、人生においても必要になる力なので、英語も日本語学習もバランスよく取り入れて、ダブルリミテッドが起きないように気を付けましょう。

幼児英語教育のポイントとは



幼児英語教育の効果やメリット、デメリットについてご紹介しましたが、ここでは学習ポイントをご紹介します。

幼児英語教育のポイントは、耳から学べる方法を取り入れることです。

乳幼児期は、視覚より聴覚のほうが反応すると言われているので、耳から学ぶ英語教育はおすすめです。

英語の歌や読み聞かせなどを中心に英語学習を進めることで、脳にも良い影響与えることができます。

幼児期の脳は、刺激によって神経回路を構築し、脳の発達を促します。

脳が柔軟な状態になることで、想像力・創造力も高めます。

英語だけではなく、音楽やプログラミング学習も幼児教育として取り入れることをおすすめします。

幼児英語教育におすすめの英会話教室とは



英語は、英語学習教材だけではなく、英会話教室で学ぶこともできます。

子どもの英会話教室では、講師と直接話すことができるので、耳が慣れることによる早期習得も期待できます。

オンラインで学べる英会話教室の場合は、送迎も必要がなく、ご自宅から学べるので、お忙しい保護者の方にもおすすめです。

ここからは、オンラインの英会話教室「ハッチリンクジュニア」、「リップルキッズパーク」をご紹介します。

ハッチリンクジュニア

ハッチリンクジュニア」は、幼児、小学生、中学生、高校生専用のオンライン英会話スクールです。

ご自宅のパソコン、タブレットからレッスンを受けることができるので、お子様の送迎は一切ありません。

英会話初心者のお子様は、ゲームや歌など、英語を楽しめる内容からスタートします。

レッスンは、お子様のレベルに合わせて、無理なく学べるスタイルなので、幼児期でも英会話を楽しむことができます。

無料レッスン実施中!

ハッチリンクジュニアでは、無料体験レッスンを実施しています。

会員登録するだけで、2回の無料体験レッスン受講できます

英会話を2回体験できるお得な機会ですから、是非ハッチリンクジュニアをお試しください。

リップルキッズパーク

リップルキッズパーク」は、こども専門のオンライン英会話ができる教室です。

ABCがわからないお子様でも安心して始めることができる教室なので、顧客満足度は90%以上あります。

リップルキッズパークは、3歳から英語学習ができ、マンツーマンレッスンなので、お子様に合わせたレッスンを受けることができます。

歌やお話を聞く、ゲーム、クイズを行うなど、お子様が楽しく英語を学べるコンテンツが豊富なので、自然に英語を学ぶことができます。

入会金は不要ですし、兄弟や親子でレッスンを一緒に学ぶことができるという特徴もあります。

無料体験レッスン実施中!

リップルキッズパークでは、2回無料体験レッスンの受講が可能です。

1回25分間の英語の授業で、無料会員登録をするだけで、体験レッスンを受けることができます。

月々3,300円(税込)から始めることができるので、この機会に、リップルキッズパークを是非ご検討ください。



まとめ

幼児英語教育の効果やメリット、デメリットについてご紹介しました。

幼児期は、様々なことを吸収しやすい時期なので、英語学習を取り入れることで、英語耳や英語脳を育むことができるということもお分かりいただけたでしょう。

幼児期から始めることができる英語学習教材や英会話教室は、豊富にありますので、迷った時には、資料請求や体験会へ参加することをおすすめします。

複数社を比較検討することで、内容や料金などが把握できますので、少なくとも2社から3社ほどを比べた上で、お子様が楽しめる英会話学習教材や英会話教室を決めましょう。



タイトルとURLをコピーしました