先取り学習の効果やメリット、デメリット

スポンサーリンク
プログラミング教室
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

先取り学習は、学年以上の勉強をするので、進級時に苦手意識を持つことがありません。

先取り学習を取り入れることで、授業も理解しやすく、同級生よりも先へ進んでいることが自信にもなるでしょう。

しかし、先取り学習をどんな風に取り入れれば良いか、どんな方法があるのかなどわからないという方もいるでしょう。

今回は、先取り学習の効果や先取り学習におすすめの学習法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

先取り学習の効果やメリットとは

先取り学習は、学校の授業よりも先の勉強をする学習法です。

  • 先取り学習で学ぶことは、学校の授業の予習になる
  • 学校の授業で学ぶことは、先取り学習の復習になる

先取り学習によって、予習と復習ができるので、定着率がアップし、学力が向上していきます。

ここからは、先取り学習の効果やメリットについてご紹介しましょう。

授業が理解しやすくなる

先取り学習の効果として、授業が理解しやすくなるということがあります。

先取り学習は、授業の予習になりますから、余裕を持って聞くことができます。

先生からの質問にも答えることができ、受け身ではなく、主体的に取り組むことで、授業でも活躍できるでしょう。

自信が持てるようになる

先取り学習の効果として、自信が持てるようになるということもあります。

先取り学習では、様々な教科に関する知識を深めることができます。

得意科目が増えていくことは、学力を伸ばすことになりますし、自分で考える力も身につきます。

小学校では2020年からプログラミング教育が必修化されました。

プログラミング的思考や論理的思考、忍耐力など様々な力を身につけることが目的です。

自分で考える力を身につけることで、問題解決力も養うことができますから、難しい問題があっても、避けることなく、取り組むことができるでしょう。

自己肯定感を高める

先取り学習の効果として、自己肯定感を高めるということもあります。

  • 問題を解いて達成感を味わうことが自信になる
  • 先生や保護者の方から褒められることが自信になる

先取り学習による自己肯定感は、自信をつけることで、どんどん高めることができます。

先取り学習で得意科目を伸ばすことも自信や自己肯定感に繋がり、他の教科の学力を高めることも期待できます。

算数を先取りできる教材

子どもの成績アップ 効果で選ぶなら 【RISU算数】は、タブレットで算数を学ぶことができる通信教育サービスです。

無学年制で、75%以上のお子様が学年よりも上のステージを先取りすることができる教材です。

学習データの分析、理解度に合った問題、復習などを自動で行いますので、テンポよく問題を解くことができます。

全科目対応、1教科だけ、プログラミングだけなど、タブレット学習教材の学び方は、様々あります。

お子様の学習レベルや興味に合わせて組み合わせることもおすすめです。

中学受験の備えになる

先取り学習の効果として、中学受験の備えになるということもあります。

中学受験をする場合は、6年生までの全教科の勉強をする必要があります。

一般的に、中学受験を視野に入れているご家庭の場合は、小学校低学年のうちから塾や家庭教師などへ通うケースが多いようです。

しかし、先取り学習を取り入れている場合は、学年以上の勉強を進めているので、学習状況に余裕があります。

先取り学習をしていることで、中学受験をいつからでも検討することができるでしょう。

先取り学習のデメリットとは



先取り学習の効果やメリットなどについてご紹介しました。

先取り学習を早い段階から取り入れることで、学習習慣を身につけることもできます。

家庭での学習習慣をつけることが学力アップにもなるので、先取り学習は子どもにおすすめですが、デメリットもあると言われています。

ここでは、先取り学習のデメリットについてご紹介します。

授業を聞かない

先取り学習のデメリットとして、授業を聞かないということがあります。

先取り学習では、学校の授業よりも先へ進んでいます。

授業に新鮮さがないことが退屈に繋がって、子どもが授業を聞かなくなる可能性があると言われています。

また、先取り学習は、「授業がつまらないと感じるのでは?」という懸念があるようですが、先生の授業が楽しければ、子どもも集中して聞くことができます。

先生やクラスメイトとの関係性が良ければ、学校でみんなと過ごして学ぶ授業が、つまらない時間ではなく、楽しい時間になるでしょう。

先取りで勘違いする

先取り学習のデメリットとして、先取りで勘違いする可能性もあります。

学校の授業より先取りして勉強していることが、子どもの過信になるケースもあります。

  • 「学校の授業は聞かなくても大丈夫」
  • 「友達より勉強ができる」

以上のように、先取り学習によって勘違いすることもあります。

学校の授業も先取り学習もどちらも大切ということを理解させる必要があるでしょう。

追い込まれる

先取り学習のデメリットとして、追い込まれる可能性もあります。

先取り学習は、学年以上の勉強ができるので、様々なメリットはあります。

しかし、学年が上がるほど勉強量も増えていきますし、難易度も上がります。

自分の学年以上の学習内容を勉強が精神面の負担になって、ストレスを抱えるかもしれません。

勉強が嫌いになると先取り学習の意味がありません。

親や保護者の方が子どもの学習状況を把握すること、心のケアも必要でしょう。

先取り学習におすすめの学習法



先取り学習の効果やデメリットなどについてご紹介しましたが、ここからは先取り学習におすすめの学習法をご紹介します。

先取り学習は、ドリルや参考書などを使って、子ども自身で行うことができますが、学習教材を利用することもおすすめです。

タブレット学習教材であれば、タブレットが授業を展開していきますので、理解しやすく、取り組みやすいという特徴があります。

ここからは、タブレットで学習できる、無学年制教材「すらら」をご紹介します。

すららは、無学年方式の学習教材なので、お子様のペースで学習を進めることができます。

キャラクターと進める学習スタイルなので、学習習慣がつきやすく、またモチベーションアップも期待できるという特徴があります。

勉強することが楽しくなることで、主体的に取り組むことができます。

すららは、勉強だけではなく、人生においても自分で判断する力が身につく学習スタイルです。

すららの学習範囲

すららの学習範囲は、小学校1年生から高校3年生までなので、長く学習を続けることができる教材です。

国語、数学、理科、社会、英語の5教科学習ができるので、大学生の学び直しや一般の方にも活用できるデジタル教材です。

無学年式学習教材で、アニメーションによる学習もありますから、勉強が苦手なお子様でも、楽しみながら勉強できるという特徴があります。

すららでは無料体験実施中

すららでは、無料体験を実施しています。

89.1%のお子様が学習を継続していますので、是非この機会に、無学年制教材のすららをご検討ください。



まとめ

先取り学習の効果や先取り学習におすすめの学習法などについてご紹介しました。

先取り学習は、授業や理解しやすくなる、受験に有利になるなど様々なメリットがあることもお分かりいただけたでしょう。

先取り学習は、子どもの自信になり、自己肯定感もアップしていきます。

学力の向上だけではなく、生きやすさにも繋がりますので、是非この機会にお子様の先取り学習を取り入れてみませんか。



タイトルとURLをコピーしました