子供の将来に必要な力とは?身につけ方もご紹介

スポンサーリンク
プログラミング教室
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

AI・人工知能の進歩、技術革新など、私たちの生活は、日々変化しています。

2030年には少子高齢化が更に進み、総人口の約3割が65歳以上になると言われています。

将来の職業の在り方も変化していくことが予想される中、子供の将来にはどんな力が必要になるでしょうか。

今回は、子供の将来に必要な力や身につけ方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

子供の将来に必要な力とは

人間が生きていく上では、様々な力が必要です。

大人になってからも必要な力は、子供のうちから伸ばし、身につけておくことが大切です。

小学校ではICT教育が始まり、プログラミング的思考や論理的思考、ネットリテラシーなどを養うことが目的とされています。

文部科学省では、グローバル化や情報化が進む社会において、以下のように記載しています。

予測できない未来に対応するためには、社会の変化に受け身で対処するのではなく、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して、一人一人が自らの可能性を最大限に発揮し、よりよい社会と幸福な人生を自ら創り出していくことが重要である

文部科学省2030年の社会と子供たちの未来

変化に対応するためには、主体的に関わることが重要であると書かれていますが、実際に子供に必要な力とはどんなことでしょうか。

ここからは、子供の将来に必要な力や身につけ方についてご紹介します。

コミュニケーション能力

子供の将来に必要な力として、コミュニケーション能力があります。

コミュニケーション能力は、学校での人間関係だけではなく、社会に出てからも必要な力です。

コミュニケーション能力があれば、会話がスムーズに、そして上手くできるので、人間関係も築きやすくなります。

意思疎通しやすく、気持ちも伝えやすいということは、子供の生きやすさにも繋がるでしょう。

コミュニケーション能力の身につけ方

  • 会話の場数を踏む
  • 親が話を聞く姿を見せる
  • 図鑑や絵本で語彙力を高める

ネットリテラシー

子供の将来に必要な力として、ネットリテラシーがあります。

ネットリテラシーは、インターネットの情報を正しく理解して、判断する力です。

インターネットを活用するためには必要な力なので、子供の将来に必要になる力です。

インターネット上にはたくさんの情報がありますが、便利なだけではなく、危険性もあるので、自分で正しく判断して使いこなすことが大切です。

インターネットについて子供の頃から正しく理解し、使いこなすことができれば、大人になってからも上手く活用していくことができるでしょう。

ネットリテラシーの身につけ方

  • 家庭内でインターネット利用時のルールを決める
  • 学校や教室でもプログラミング学習

知的好奇心

子供の将来に必要な力として、知的好奇心もあります。

知的好奇心の「なぜ?」という疑問は、考えることだけではなく、調べることにも繋がります。

様々な知識を得ることで、学びへの欲求も高まり、学力アップも期待できます。

将来的には、人生を豊かにすることや趣味を広げることにもなりますから、知的好奇心を伸ばすことも大切です。

知的好奇心の身につけ方

  • 外へ出かける
  • 図鑑や辞典、新聞(読売KODOMO新聞)などで調べる
  • 親子で考える

問題解決力

子供の将来に必要な力として、問題解決力もあります。

問題解決力は、問題が起きた時に、自分で解決する方法を考えて、実行する力のことです。

学校だけではなく、ビジネスや社会、日常でも活用できる力なので、身につけることが子供の生きやすさにも繋がります。

問題解決力の身につけ方

問題解決力は、プログラミングでも身につけることができます。

プログラミングを学ぶことで、プログラミング的思考や論理的思考なども身につき、物事を順序立てて考えることもできるようになります。

ブロックやレゴ、専用パーツなどでロボットを作る「ロボット教室」では、創造力を養うこと、手先が器用になるなどの効果が期待できます。

ゲームやアニメーションを作る「プログラミング教室」では、マウスやパソコン操作が得意になる、ネットリテラシーが身につくなどの効果が期待できます。

プログラミングでは、トライ&エラーの繰り返しです。

何度も挑戦することで、様々なことを考えて実行するので、忍耐力や創造力、発想力、集中力なども養うこともできます。

子供の将来に必要な力を養う「チャレンジタッチ」



子供の将来に必要な力についてご紹介しましたが、ここからは、子どもにおすすめのプログラミングを学べる「チャレンジタッチ」をご紹介します。

チャレンジタッチ(進研ゼミ小学講座)は、小学生向けの通信教育です。

【進研ゼミ小学講座】は、教科書に対応していますので、わかりやすい授業ですし、赤ペン先生による個別学習、学力診断などもあります。

進研ゼミ小学講座は、2種類あります。

  • チャレンジ/紙のテキストで学ぶ
  • チャレンジタッチ/タブレットと紙で学ぶ

紙学習では、手書きの時間が減らない、記憶に残りやすいなどのメリットがあります。

タブレット学習教材と併用することで、学力アップ効果が期待できるでしょう。

プログラミング的思考も学べる

【進研ゼミ小学講座】には、全学年対応のプログラミング教材があります。

追加受講費0円で、プログラミング的思考の基礎を学べる教材です。

小学校のプログラミング教育と同じテーマで学ぶことができ、算数、理科、社会とプログラミングを一緒に学ぶことで教科の学びを深めることもできます。

プログラミング教材は、チャレンジ・チャレンジタッチの両方で学ぶことができます。

※有料オプション講座のプログラミング講座もあります。

チャレンジタッチは体験できる!

チャレンジタッチは、体験コーナーがあるので、WEB上でタッチの画面を体験できます。

スマホから読み取るだけで、学習の一部を体験できます。

また、チャレンジタッチは、資料請求もできます。

講座の詳細が分かるパンフレットと無料体験教材が届きますので、WEB以外でも気軽に体験できます。

お友達やごきょうだいを紹介すると豪華プレゼントをもらえますので、是非この機会にチャレンジタッチを試してみませんか。



まとめ

子供の将来に必要な力や身につけ方などについてご紹介しました。

子供が様々な力を身につけることは、生きやすさにも繋がることがお分かりいただけたでしょう。

プログラミング学習では、様々な力を身につけることができますので、学校だけではなく、ご家庭内に取り入れることもおすすめです。

無料のプログラミングアプリやプログラミングおもちゃ、プログラミングを学べるタブレット学習教材もあります。

子供は、興味や関心があることであれば、楽しみながら続けていくことができますので、是非この機会に、お子様に合う方法で、将来に必要な力を伸ばしていきませんか。



タイトルとURLをコピーしました