音楽教育の必要性

スポンサーリンク
家庭学習
スポンサーリンク

音楽教育は、子どもの早期教育、情操教育として取り入れられており、幼児から通うことができる音楽教室が夫婦にあります。

しかし、音楽教育の必要性や子どもにどのような効果をもたらすのかなどについて、具体的にわからないという方もいるでしょう。

今回は、音楽教育の必要性やご家庭での音楽教育方法などついてご紹介します。

スポンサーリンク

音楽教育の必要性とは

母親が歌う子守唄や童謡など、私たちは幼いころから音楽と関わりながら生活しています。

幼児や子どもの音楽教育では、脳へ良い影響を与える、リズム感を養う、表現力を高めるなど様々な効果があります。

音楽教育の必要性としては、幼児期から音楽に触れることで、学習能力や子どもの心と体の成長を促すということです。

厚生労働省・音楽教育の必要性

厚生労働省では、子どもと音楽について以下のように記載しています。

子どもが思いのままに歌ったり、簡単なリズム楽器を使って遊んだりしてその心地よさを十分に味わうことが、自分の気持ちを込めて表現する楽しさとなり、生活の中で音楽に親しむ態度を育てる

幼児期において、音楽に関わる活動を十分に経験することが将来の音楽を楽しむ生活につながっていくのである。

厚生労働省「保育所保育指針解説」抜粋あり

文部科学省・音楽教育の必要性

文部科学省の学習指導要領「生きる力」には、音楽について以下のような記載があります。

表現及び鑑賞の活動を通して,音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育てるとともに,音楽活動の基礎的な能力を培い,豊かな情操を養う

文部科学省「第2章各教科第6節音楽」

音楽教育は、子どもの表現力を養うこと、感性を育てることなどに繋がるので、幼児期からの音楽教育の必要性がお分かりいただけるでしょう。

音楽教育が子どもに与える効果とは



音楽教育を始める年齢に決まりはありません。

幼児期は、五感や脳が発達する時期なので、音楽の刺激が子どもにとって良い影響に繋がります。

ここからは、音楽教育が子どもに与える効果をご紹介します。

親子の絆を深める

音楽教育が子どもに与える効果として、親子の絆を深めるということがあります。

子どもが音楽に最初に触れる時は、母親が歌う子守唄です。

寝る時、あやされる時に聞いた子守唄は、言葉を上手く話すことができない幼児期の子どもと親のコミュニケーションのひとつです。

優しく、穏やかな声で歌う子守唄を聞くことで、安心感やリラックス効果が期待できます。

音楽教育は、楽器の演奏や楽譜を読むだけではありません。

母親が歌う子守唄も音楽教育であり、子どもの心の安定にもなるので必要性があると言えるでしょう。

言語能力を高める

音楽教育が子どもに与える効果として、言語能力を高めるということがあります。

音楽は、聞く力を鍛えることができるので、音を聞き分ける能力が発達します。

音楽教育で音の聞き分ける力が身につけば、英語の単語の違いも分かりますし、語彙力も高まります。

音楽教育だけではなく、英語も学ぶことで、子どもはスムーズに英語力を身につけることもできるでしょう。

感受性が豊かになる

音楽教育が子供に与える効果として、感受性が豊かになるということもあります。

子どもの頃から様々な音楽を聴くことは、脳の中の感情を司る部分を刺激することになります。

感受性を育てることで、他人の感情についても理解でき、協調性も身につくでしょう。

運動能力が向上する

音楽教育が子どもに与える効果として、運動能力の向上が期待できるということがあります。

音楽を聴くことや楽器を演奏することで得られる効果は以下です。

  • リズム感を養うことができる
  • 脳に刺激を与える

子どもが音楽を聴くこと、演奏することは、運動機能を司る小脳、右脳と左脳を繋なぐ部分を発達を促します。

脳の働きや連携がスムーズになれば、学習能力や運動能力アップが期待できるので、子どもにとって音楽教育は必要なことと言えるでしょう。

家庭での音楽教育方法とは



音楽教育の必要性についてご紹介しましたが、ここでは、ご家庭での音楽教育方法についてご紹介しましょう。

ご家庭で音楽教育を行う場合は、以下の方法がおすすめです。

  • CD、YouTube(音楽系動画など)を流す
  • おもちゃの楽器で遊ぶ

音楽教育は、ご自宅で簡単にできる方法がたくさんあります。

CDや動画などを流して音楽に触れる時間を作りましょう。

音楽教育のポイント

音楽教育のポイントとしては、親子で一緒に行うことです。

親子で音楽を楽しむ方法は以下です。

  • 音楽に合わせて踊る
  • 音楽や動画と一緒に手遊び
  • 楽器を使う

子どもは、親や保護者の方の楽しそうな様子を見ることで、一緒に歌いたい、踊りたいなどの気持ちが湧きます。

子どもの好奇心が高まる方法であれば、音楽教育を取り入れやすいので、お子様の様子を見ながら、楽しく、長く続けることができそうなことから始めましょう。

家庭での音楽教育におすすめ「Baby English Labo」



Baby English Labo(ベイビーイングリッシュラボ)は、絵本と歌を親子で楽しむことができます。

英語の絵本と歌なので、子どもの音楽教育と一緒に英語力を高めたいとお考えの保護者方におすすめです。

Baby English Laboは、0歳から目と耳で、英語と音楽に触れることができます。

Baby English Labo の内容とは

Baby English Labo は、0歳からが対象なので、学習教材というわけではなく、遊びの延長として取り入れることができます。

付属のCDは、家でも車内でも楽しめる内容で、絵本を読む時間が取れない時に最適です。

Baby English Laboは、絵本だけではなく、CDもあるので、英単語も内容も自然に理解、吸収することができます。

CDには様々な曲が収録されているので、自然に英語と触れ合い、本物の英語の発音を身につけることができるでしょう。

Baby English Laboの内容や料金とは

Baby English Laboは、全6回のお届けで26,400円(税込)です。

初回は特別付録がつきます。

可愛いイラストが描かれている特別付録ですので、この機会に是非ご検討ください。

家庭での音楽教育におすすめ「天神」



音楽教育はご自宅から受けることもでき、音楽も勉強も同時に学べる学習教材もあります。

天神は、幼児から学べる学習教材で、2023年4月に音楽コースが始まりました。

天神の音楽コースとは

天神では、2023年4月11日には音楽コンテンツがリリースされました。

幼児版・天神の音楽コンテンツ「歌」は、言葉の系統に収録され、豊かな言語感覚を養うことができます。

言葉だけではなく、歌うことの楽しさも同時に学べるので、幼児期の知育目的での利用もおすすめです。

天神の内容とは

天神は、幼児から中学生までが対象のタブレット学習教材です。

教科書準拠で学びやすく、兄弟姉妹が何名でも無料で利用できるという魅力があります。

先取り学習や戻り学習や画像、アニメも豊富なので、お子様が楽しみながら勉強することができます。

天神の料金とは

天神の料金は、月額料金ではなく、買取になります。

1年分の学習教材を買い取って学習するという特徴があるので、初期費用としては、他の教材より高めですが、兄弟姉妹で使うことができるので、コスパが良い教材です。

天神はインターネット不要!

天神は、インターネットに接続しなくても学習できる教材です。

天神は、タブレット版、パソコン版共に保証があり、教育内容が変わった場合はデータのバージョンアップにも対応しています。

天神は、音楽教育におすすめの教材なので、この機会に是非ご検討ください。

まとめ

音楽教育の必要性についてご紹介しました。

音楽教育は、子どもにとって様々な良い効果をもたらすこともお分かりいただけたでしょう。

音楽教育は、音楽教室に通わなくてもご家庭でできますし、親も一緒に楽しむことで、ストレス発散効果も期待できます。

音楽で遊ぶことで、自由に表現する楽しさを味わうことができ、充実感もあるでしょう。

音楽教育は、子どもの心と体の成長にとって必要なことばかりですから、是非ご家庭でできることから始めてみませんか。



タイトルとURLをコピーしました