子どもの集中力が続かない原因は?集中力を高める方法も

スポンサーリンク
ロボットプログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

集中力がある子どもは、学校での授業や家庭学習に取り組みやすいので、学力が向上しやすいと言われています。

集中力がある子どもがいる一方で、集中力が続かない子どももいますので、お困りの保護者の方もいるでしょうが、子どもの集中力が続かないことには原因があります。

今回は、子どもの集中力が続かない原因や集中力を高める方法などについてもご紹介します。

スポンサーリンク

子どもの集中力が続かない原因とは

子どもの集中力は、年齢+1分程度と言われています。

  • 小学校低学年は15分程度
  • 小学校高学年は30分程度

上記のように子どもの集中力は、長くないので、できるだけ集中できるように生活環境や勉強できる環境に整える必要があります。

そのためには、子どもの集中力が続かない原因を知り、解決することが大切です。

ここからは、子どもの集中力が続かない原因をご紹介します。

ゲームやSNS、おもちゃなどが気になる

子どもの集中力が続かない原因は、ゲームやSNS、おもちゃなど気になることがあるからです。

最近は、スマホやタブレット、パソコンなどでゲーム、SNSを楽しむお子様が増えています。

勉強よりお友達とのゲームやSNSのやりとりに夢中になってしまうと、集中しにくい環境になってしまうので、ご家庭でルールを決めることをおすすめします。

ゲームやおもちゃ、スマホなどは目に付くところにあると気が散る原因にもなるので、片づける、見えない所(部屋)に置くなどの工夫も必要でしょう。

悩みがある

お友達との関係性、ご家庭でのことなど、何か悩みがある時は、精神面が不安定になります。

不安なことがあると集中して取り組むことができませんから、親や保護者の方がケアすることが大切です。

睡眠不足である

子どもの集中力が続かない原因として、睡眠不足もあります。

睡眠は、子どもの成長に欠かせないのですが、親の帰宅が遅い、夜更かしをするなど、様々な理由で睡眠不足になっているお子様もいるようです。

睡眠不足は、集中力が続かない原因になるだけではなく、成長の遅れや食欲不振になる可能性があります。

睡眠不足で朝起きることが難しくなり、不登校になってしまうお子様もいますので、夜は、子どもが十分に眠れるように、声がけや配慮することが大切です。

朝食を摂っていない

子どもの集中力が続かない原因として、朝食を摂っていないということもあります。

朝食を摂らないで学校へ行くと授業や勉強に集中できなくなります。

朝食は、体や頭が目覚めて、精神が安定する効果があるので、忙しくても子どもに食べてもらうことをおすすめします。



集中力が続かない子どもの特徴とは

集中力が続かない原因をご紹介しましたが、集中力が続かない子どもには特徴があります。

それは、集中できるもあるということです。

例えば、何か必要がある時は集中できる子どももいますし、自分が好む分野にだけ集中できる子どももいます。

子どもは、好きなことには集中しやすいので、夢中になれることや得意なことを伸ばしていくことで、集中できる時間が長くなり、集中力を高めることができます。

子どもが集中できるように環境を整える、親の声がけやサポートによって、他のことにも集中できるようになるでしょう。



子どもの集中力を高める方法とは

子どもの集中力が続かない原因についてご紹介しましたが、ここからは、子どもの集中力を高める方法をご紹介します。

遊びで集中力を高める

子どもの集中力は、遊びで高めるという方法がおすすめです。

子どもは、楽しめる遊びには集中して取り組むことができるので、お子様に興味や関心がある遊びを取り入れて集中力を高めましょう。

子どもの集中力を高める効果が期待できる知育玩具やゲームをご紹介します。

パズル

ジグソーパズルや知育パズルなどは、集中力を高めるだけではなく、手先が器用になる、記憶力が高まる、想像力が豊かになるなどの効果があります。

木製やプラスチック、紙など様々な種類がありますので、お子様の五感を刺激し、楽しく遊べるパズルを選びましょう。

プログラミングおもちゃ

プログラミングおもちゃは、プログラミング教育のねらいであるプログラミング的思考を育むことができます。

集中力を高めるだけではなく、問題解決力、創造力、論理的思考なども身につくので、幼児期から取り入れることをおすすめします。

プログラミングおもちゃには、様々な種類がありますので、お子様の興味ややる気を高めるおもちゃを選ぶことで、集中力を高めることができるでしょう。

食事で集中力を高める

子どもの集中力は、食事で高めることをおすすめします。

集中力を高めるおすすめの食べ物は以下です。

  • 鉄分を含むひじきやレバーなど
  • ブドウ糖を含むパンやごはん、はちみつなど
  • DHAを含む青魚や鮭など

朝食も集中力を高める方法としておすすめ

文部科学省の朝ごはんを食べる必要性についての調査では、朝ごはんを食べる子どもは学力が高い傾向にあるという結果が出ています。

朝ごはんは、体を目覚めさせるだけではなく、体のエネルギー源にもなりますから、毎朝摂取できるように親や保護者の方がサポートしましょう。



子どもの集中力を高める習い事とは

子どもの集中力を高める方法として様々な遊びやゲームをご紹介しましたが、ここからは子どもの集中力を高める習い事をご紹介します。

子どもの集中力を高める習い事は、プログラミング教室やそろばん教室です。

ロボットプログラミング教室

ロボットプログラミング教室では、ブロックやレゴなどを使ってロボットを作り、プログラミングで動かします。

ロボットプログラミング教室は、幼稚園低学年から学べるところも多いですし、オンラインでの受講もできます。

5歳から通えるプログラミング・ロボット教室【LITALICOワンダー】

ロボットプログラミング教室では、手先が器用になるだけではなく、プログラミング的思考や論理的思考、創造力など様々な考え方も養うことができます。

ロボット好きやレゴ好きのお子様は、遊びのような感覚で、楽しく学べる内容なので、集中して取り組むことができるでしょう。

そろばん教室

そろばんでは、集中力だけではなく、記憶力や判断力、忍耐力などを養うことができます。

暗算ができるようになり、数字に強くなりますので、子どもの計算力を高めたいとお考えの保護者の方にもおすすめです。

ここからは、子どもの集中力を高める習い事として、「よみかきそろばんくらぶ」をご紹介します。

よみかきそろばんくらぶは、幼児から学べるオンラインのそろばん教室です。

学習内容は以下です。

  • 3桁10珠のそろばんを使う
  • 九九の暗唱を行う
  • カタカナ、ひらがなの硬筆のおけいこ
  • 読むおけいこ
  • 暗唱
  • 書写

※科目によってカリキュラムが異なります

お子様の学習状況をみながら、少しずつ進めていきます。

よみかきそろばんくらぶでは、体験教室を実施しています。

どんな授業なのかについて知りたい方、無料で試してみたい方におすすめです。

そろばんに触れたことがないお子様の場合は、新しい体験ができる良い機会です。

この機会に、是非そろばん体験をしてみませんか。



まとめ

子どもの集中力が続かない原因や集中力を高める方法をご紹介しました。

子どもの集中力は、親や保護者の方のサポート次第で高めることができることがお分かりいただけたでしょう。

集中力を身につけることで、学力アップも期待できますので、お子様や保護者の方ができる方法から取り入れることをおすすめします。

この機会に、子どもの集中力を高める遊びや食べ物、習い事などを取り入れてみませんか。



タイトルとURLをコピーしました