子どもにおすすめ!集中力を養うゲーム

スポンサーリンク
プログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

子ども向けゲームは、様々なあり、遊びの中で集中力やコミュニケーション能力、社会性などを身につけることができます。

しかし、子ども向けの集中力を養う効果が期待できるゲームは様々ありますから、選び方がわからない方もいるでしょう。

今回は、子どもにおすすめの集中力を養うゲームをご紹介します。

スポンサーリンク

集中力を養うゲームが子どもにおすすめの理由

集中力を養うゲームは、楽しいだけの時間ではありません。

子どもが楽しく遊べるゲームでは、集中力を養うことができます。

ゲームのような楽しい遊びは、夢中になって取り組むことができるので、勉強の際に必要な集中力も自然に養うことができます。

子どもが集中できる時間とは

子どもが集中できる時間は、それほど長くありません。

子どもの集中力は、年齢+1分程度と言われています。

例えば、小学生が集中できる時間は以下です。

  • 小学校低学年:15分程度
  • 小学校高学年:30分程度

上記のように子どもの集中力は、長くないのですが、ゲームのように楽しい時間であれば、集中できる時間を無理なく伸ばしていくことができるでしょう。

お子様に興味や関心がある遊びを取り入れて、子どもの集中力を高めましょう。



子どもにおすすめの集中力を養うゲームとは

集中力をゲームで養うためには、子どもの年齢に合うかどうか、そして興味や関心があるタイプを選ぶことがポイントです。

ここからは、子どもにおすすめの集中力を養うゲームをご紹介します。

まめおはじき

まめおはじき】は、まめの形のカラフルなおはじきのセットです。

100個のまめとお星さまで遊びながらお箸の練習と集中力を養う効果が期待できます。

まめおはじきで遊べる内容は以下です。

  • 箸を使ってまめを掴む
  • 数を数える
  • おままごと
  • ドミノ倒し
  • おはじき遊び

上記のように、まめおはじきでは、箸の練習だけではなく、様々な遊びを楽しむことができます。

まめおはじきで様々な遊びを楽しみながら、子どもや大人の集中力を高めてみませんか。

テーブルカーリング

テーブルカーリング】は、カーリングを家族で楽しめるゲームです。

ストーンは、16個付きで、氷の上を滑るようなスムーズな動きなので、子どもも大人も楽しめます。

どこへ滑らせれば良いか考えることは、集中力を養うことに繋がります。

テーブルカーリングは、全長120㎝ですが、使わない時は畳んでコンパクトにすることもできます。

ドラえもんみんなであそぼうよロイヤル50

ドラえもんみんなであそぼうよロイヤル50】は、50種類のゲームを楽しめるファミリーゲームです。

ジャラポンゲームや五目並べなどパイを使うゲームだけではなく、ゲームトランプでも遊ぶことができます。

ビンゴや絵あわせ、はさみ将棋などもあり、子どもの集中力や考える力を遊びの中で高めていくことができるでしょう。

ドラえもんみんなであそぼうよロイヤル50は、1~6人用なので、お友達やご家族で楽しむことができるゲームです。

HABA ハバ社 スティッキー

HABA ハバ社 スティッキー】は、木製のバランスゲームを楽しむおもちゃです。

青、赤、黄のスティックが各9本、リング、サイコロが入っています。

スティックの束が倒れないように、1本ずつ抜き取るバランスゲームです。

HABA ハバ社 スティッキーは、どのスティックが抜きやすいか考えながら抜き取ることで、集中力や観察力を養うことができます。

トスアクロス

トスアクロス】は、3つの〇または×を揃える三目並べです。

クルクル回るパネルで相手プレイヤーのリーチを妨害する、自分のリーチチャンスを狙うなど競技性も楽しめるゲームです。

子どもの集中力、判断力、指先の感覚、距離感覚、身体能力などを遊びながら養い、鍛えることができます。

組み立ては簡単で、工具も不要ですから、おうち遊びや外遊びで取り入れてみませんか。

トスアクロスは、当たってもけがをしないビーンバッグなので小さなお子様も安心して楽しむことができるゲームです。

スイカゲーム

スイカゲーム】は、可愛い姿のフルーツたちを合わせていくという、とてもシンプルなルールのゲームです。

スイカゲームは、フルーツたちの「シンカ」も楽しめるので、子どもだけではなく、大人にも人気があります。

スイカゲームは、NintendoSwitchやスマホ版で遊ぶことができます。

集中力だけではなく、想像力や忍耐力、コミュニケーション能力なども身につきますので、ご家族で楽しんでみませんか。



集中力を養う【LOGIQ LABO ロジックラボ】

ソニーの学習アプリ【LOGIQ LABO ロジックラボ】は、テクノロジーを使いこなす理数脳を育む小学生向けの自宅学習サービスです。

ご自宅のiPadまたはAndroidタブレットにアプリをインストールして学習します。

ロジックラボは、ゲーム感覚で楽しめる学習内容なので、考える作業に集中でき、集中力だけではなく、達成感も味わうこともできます。

小学1年生から理数脳を育む!

LOGIQ LABO ロジックラボの対象年齢は、小学1年生から6年生です。

テクノロジーを使いこなす理数脳の土台となる4つの力(情報読解力・計算力・空間認識能力・探索力)をバランスよく育みます。

お子さまひとりひとりのレベルに合わせてカリキュラムを調整するため、無学年式学習も可能です。

未来を想像する探究活動も豊富!

LOGIQ LABO ロジックラボでは、教育専用アプリを使って、お子様に合うテーマを選んで、創造力を養うことができます。

  • お料理レシピをつくろう:AIと相談しながら自分だけの料理レシピをつくり出す
  • 課題を解決しよう:街の課題を考えてプログラミングで解決する(2024年8月リリース)
  • 絵本をつくろう:AIを活用して自分だけの絵本シナリオとイラストを創作する

1週間無料!

LOGIQ LABO ロジックラボには、1週間の無料期間があります。

1週間は無料で、費用が一切かかりませんので、この機会にLOGIQ LABO ロジックラボを体験してみませんか。



まとめ

子どもにおすすめの集中力を養うゲームをご紹介しました。

子どもが楽しめるゲームであれば、無理なく、遊びの中で集中力を養うことができるということもお分かりいただけたでしょう。

集中力を養う方法として、ゲームだけではなく、食べ物を取り入れることもおすすめです。

ご家庭での遊びや食事の時間に、集中力を養うゲームや食べ物を取り入れて、ご家族みなさまの集中力も高めてみませんか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました