算数が得意になる方法とは?家庭でできる勉強法も

スポンサーリンク
プログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

算数が得意な子になって欲しいと思う親や保護者の方は多いようですが、算数に苦手意識がある子、算数が嫌いな子もいます。

算数が好きになり、算数が得意科目の子になるためには、前向きに取り組む気持ちが大切です。

しかし、算数が得意な子になるには、どのようなことをすれば良いのか、どんな勉強法があるのかがわからないという方もいるでしょう。

今回は、算数が得意になる方法や家庭でできる勉強法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

算数が得意になる方法

算数が得意になれば、問題を解くことが楽しく、学習意欲も高まりますが、苦手意識を持ってしまうと、自信ややる気がなくなってしまう可能性があります。

算数が得意な子は、解き方を理解しており、正解した経験も豊富なので、苦手意識がないという特徴があるようです。

ここからは、算数が得意になる方法についてご紹介します。

反復学習をする

算数が得意になる方法は、反復学習をすることです。

反復学習は、繰り返して勉強する方法です。

算数では、同じ問題を繰り返すことで解き方が身につくので、計算ドリルや問題集に取り組むことをおすすめします。

数字や解き方を感覚的にも理解することができれば、同じような問題が出た時に、計算しなくても答えを導くことができるようにもなります。

3+5=8と計算する時、3と8を足して、答えを出しますよね。

しかし、反復学習で何度も同じ問題が出てくれば、3+5を計算しなくても感覚で「8!」とわかるようになるのです。

算数に限らず、反復学習に力を入れている学習教材は多数あります。

デジタル学習教材のすららでは、5教科を学べますし、無学年方式です。

反復学習による苦手教科克服もできますので、算数以外の教科の学びを深めたいとお考えの保護者の方におすすめです。

論理的思考を身につける

算数が得意になる方法として、論理的思考を身につけることもおすすめです。

小学校で必修化されたプログラミング教育では、プログラミング的思考を身につけることがねらいです。

プログラミング的思考は、物事を順序立てて考える論理的思考の一部であり、効率を重視する思考です。

論理的思考があれば、算数の問題を論理的に考えることができます。

どのような問題なのかを考えて、筋道を立てて答えを出す論理的思考は、算数だけではなく、様々な場面で活用できる力です。

小学校のプログラミング学習では、算数や音楽、理科などの教科の中で学びを深めます。

プログラミング的思考を身につけることは、論理的思考や忍耐力、創造力、問題解決力なども養うことができますので、算数が得意になる効果も期待できるでしょう。

空間認識能力を鍛える

算数が得意になる方法として、空間認識能力を鍛えるということもあります。

空間認識能力は、空間にある物の位置、形を正確に把握できる能力です。

空間認識能力があれば、算数の図形問題が出た時に理解しやすく、またイメージすることも容易にできるようになります。

空間認識能力は、算数が得意になるだけではなく、絵や図を描くこと、スポーツも得意になると言われています。

  • レゴやブロック
  • 積み木
  • 折り紙

上記を使うことで、空間認識能力を高めるだけではなく、手先が器用になるという効果も期待できるでしょう。

国語力を高める

算数が得意になる方法として、国語力を高めることもおすすめです。

算数では、文章問題が出るので、国語の読解力が必要になります。

読解力を身につけていないと算数の文章問題を解けないので、算数への苦手意識がなくなりません。

問題文を読み、自分で考えて解く力があれば、文章問題に強くなります。

読解力は、読書で高めることができます。

読書は、読解力の他、様々な考え方も身につき、算数に対する気持ちが変化する可能性もあります。

読書は、子どもの想像力や語彙力も高めますし、登場人物の感情に触れることで思いやり、コミュニケーション能力もアップする効果が期待できます。

読書の習慣がつくことで、算数以外の科目にも良い効果をもたらすでしょう。

算数が得意になる!家庭でできる勉強法とは



算数が得意になる方法についてご紹介しましたが、ここからは家庭でできる勉強法をご紹介します。

遊びの中で学ぶ

算数が得意になるためには、遊びの中で学ぶことがおすすめです。

親子やご家族で、数字を使った遊びをすることで、算数が受け入れやすくなるケースもあります。

京大・東田式 頭がよくなる算数ゲーム

京大・東田式 頭がよくなる算数ゲーム」は、数字を当てる推理ゲームです。

数字を使ったカードゲームを通して、楽しさだけではなく、算数力、論理的思考力、洞察力なども身につくゲームです。

この他にも、レゴやブロックで遊ぶことで、算数の図形問題、展開図にも強くなりますので、立体的なおもちゃで遊ばせることもおすすめです。

外出時に計算する

算数が得意になるためには、外出時に計算することもおすすめです。

買い物の合計がいくらになるか、500円でいくらまで買えるかなど、考えることで計算問題も身近になるでしょう。

親が褒める

算数が得意になるためには、親が褒めることもおすすめです。

子どもは、親から褒められることでやる気が出ます。

嬉しい気持ち、また頑張ろうという気持ちにすることで、算数の勉強を主体的に取り組むことができます。

「すごいね!」、「よくわかったね!」など問題を解いた時、正解した時に褒めることは、子どもの自信とやる気になります。

算数が得意なことと思うことができれば、学習意欲も高まりますから、親が褒めて伸ばしていきましょう。

算数が得意になるおすすめの勉強法とは



算数が得意になる方法やご家庭でできる勉強法などについてご紹介しましたが、ここからは、子どもにおすすめの勉強法として、そろばんとタブレット学習についてご紹介します。

「よみかきそろばんくらぶ」「RISU算数」をご紹介しますので、是非ご検討いただければ幸いです。

よみかきそろばんくらぶ

よみかきそろばんくらぶは、オンライン専門の教室です。

幼児、小学生、中学生が在籍しており、そろばんと読み書きを習うことができる教室です。

コースによって異なりますが、個別形式の教室なので、丁寧な指導を受けることができます。

よみかきそろばんくらぶの魅力

  • 授業、検定、教材の全てがオンラインで完結する教室
  • Zoomによるオンラインレッスンなので家から授業を学べる
  • 自社開発の専用教材(幼児から学べる)
  • 月1回のオンライン検定で学習状況が確認できる
  • オンラインなので送迎不要
  • 平日~土曜日7時台~21時から授業枠を選ぶことができる
  • 日本だけではなく、海外からも授業を受けることができる

よみかきそろばんくらぶでは体験授業を実施中

よみかきそろばんくらぶでは、体験授業を実施しています。

オンラインから無料で授業を体験できます。

RISU算数

RISU算数は、タブレットで算数を学ぶことができる通信教育サービスです。

無学年制という特徴があり、75%以上のお子様が学年よりも上のステージを先取りすることができる教材です。

学習データの分析、理解度に合った問題、復習などを自動で行いますので、テンポよく問題を解くことができます。

子どもの成績アップ 効果で選ぶなら 【RISU算数】では、算数を学ぶことで、以下の力も養います。

  • 論理的思考力
  • 読解力
  • 応用力

また、つまずいた場合は、ピンポイントで解説したどうかのフォローがあるので、苦手意識の解消をしつつ、自尊心を育むこともできます。

RISU算数は、お子様の学習レベルに合わせて変化する算数教材なので、飽きることなく、楽しみながら勉強を続けることができます。

お試し体験実施中!

RISU算数では、1週間のお試し体験を実施しています。

RISU算数をお試しいただき、満足できない場合は返品(1週間以内)が可能です。

お試し体験をした方の90%以上がその後契約しているという実績もありますので、この機会にRISU算数を是非ご検討ください。



まとめ

算数が得意になる方法や家庭でできる勉強法などについてご紹介しました。

算数が得意な子になれば、算数の成績が良くなるだけではありません。

先程ご紹介した論理的思考や国語力も高めることができるので、他の教科の成績をアップする効果も期待できます。

算数が学べる学習教材は様々ありますので、お子様が楽しく、長く続けることができそうな学習法を取り入れて、算数が得意な子へ導きましょう。



タイトルとURLをコピーしました