子供のプログラミング教室の種類やプログラミング言語をご紹介

スポンサーリンク
プログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

プログラミング教育が小学校で必修化になり、プログラミング学習に力を入れたいと考える親御さんもいるでしょう。

しかし、子供向けのプログラミング教室は、関東圏が中心なので、地方では教室が少ないという状況が続いています。

プログラミング教室は、様々なタイプがあります。

今回は、子供のプログラミング教室の種類やプログラミング言語などをご紹介します。

スポンサーリンク

子供のプログラミング教室で期待できる効果

プログラミング教室での学習は、小学生のお子様でも感覚的に操作できる内容なので、楽しみながら知識を身につけていくことができます。

まずは、プログラミング教室で期待できる効果をご紹介します。

悩む母Aさん
悩む母Aさん

どんな効果があるのかしら

様々な力が身につく

プログラミング教室でパソコンの操作やプログラミングを学ぶことで、プログラミング的思考が身につきます。

プログラミング的思考は、「自分で考えること」や「最後までやり抜くこと」、「諦めないこと」などです。

論理的思考力問題解決能力なども身につくので、子供のころから学習することが大切です。

将来の選択肢が広がる

プログラミング教室で学ぶことで、IT機器の知識や操作方法、スキルなどが自然に身につきます

IT機器に関する苦手意識もなくなるので、将来の選択肢が広がり、エンジニアやプログラマーを目指すお子様が増えています。



子供のプログラミング教室の種類とは

子供のプログラミング教室は、教室型とオンライン型の2種類があります。

まずは、教室型についてご紹介しましょう。

教室型 子供のプログラミング教室とは

教室型の子供のプログラミング教室は、教室でプログラミングを学びます。

プログラミングを専属の講師が丁寧に教えてくれるという特徴があります。

個別指導スタイルを採用しているプログラミング教室であれば、無理なく、自分のペースでプログラミングを学ぶことができます。

プログラミングで必要なタイピング技術も無理なくマスターできるので、技術面の向上も期待できます。

教室型 子供のプログラミング教室のデメリットとは

教室型の子供のプログラミング教室では、講師によるプログラミング指導を受けることができますが、デメリットもあります。

・オンラインプログラミング教室より費用が高くなる傾向にある

・通学スタイルなので送迎が必要なケースもある

・教室なので学習時間が決まっている

オンライン型 子供のプログラミング教室とは

オンライン型の子供のプログラミング教室は、全国のどこからでもプログラミングを基礎から学ぶことができるので、地方のお子様も学ぶことができます。

ネット環境、パソコンさえあれば、画面上で授業を受けることができるので、通学の際の交通費もかかりません。

授業料についても入学金のみというプログラミング教室も多いので、通学よりも費用を抑えることができます

指導スタイルは、集団と個別があるので、お子様に合うプログラミング教室を選ぶことができます。

オンライン型 子供のプログラミング教室のデメリットとは

オンライン型の子供のプログラミング教室でのデメリットは、以下です。

・一人で勉強するので集中が途切れやすい

・疑問がある時、すぐに回答をもらえないことがある

・ネット環境が不安定な場合は学習できなくなる可能性がある

子供のプログラミング教室で学べることとは



子供のプログラミング教室で学べることをご紹介します。

ビジュアルプログラミング言語を学ぶ

プログラミング言語は、JavaScript、PHP、Pythonなど200種類以上ありますが、小学生のお子様にはハードルが高いため、主にビジュアルプログラミング言語を使います

ビジュアルプログラミング言語とは、難しい言語ではなく、ブロックのような形を画面上で動かしながらプログラミングできるので、お子様にも分かりやすい学習方法です。

ビジュアルプログラミング言語は、お子様が実際に目で見ながら操作するので、理解しやすいという特徴もあります。

パソコンの使い方を学ぶ

プログラミング教室では、パソコンの使い方を学ぶこともできます。

シニア世代の中にはIT機器を操作することに苦手意識を抱いている方が多いようですが、子供のころから触れることで、得意分野になるケースもあります。

タブレット端末やスマホ操作になれているお子様は多いですが、パソコンに触れる機会がない場合は、操作の仕方がわからりません。

プログラミング教室でパソコンを使いながら学ぶことで、自然に操作方法や知識を身につけることができるでしょう。



子供のプログラミング教室で使うプログラミング言語とは

ここでは、ビジュアルプログラミング言語についてご紹介します。

悩む母Aさん
悩む母Aさん

どんな言語があるのかしら

ビジュアルプログラミング言語 Scratch

Scratch スクラッチは、2006年マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発されたプログラミング言語です。

8歳から使えるプログラミング言語としてデザインされており、ブロックをお子様の感覚で操作できるので、難しさを感じることなくプログラミングを学ぶことができます。

ビジュアルプログラミング言語 Minecraft

ビジュアルプログラミング言語には、Minecraft(マインクラフト)もあります。

Minecraftは、マイクラとも呼ばれています。

Minecraftは、ゲーム感覚でプログラミング学習ができるという特徴があります。

ブロックの世界で、建物を作る、冒険する、ブロックを採るなどして遊ぶことができます。

Minecraftは、自分で世界を作っていくことで、どんどん広がるので、お子様の創造性を高めることができます。

ビジュアルプログラミング言語 Viscuit

ビジュアルプログラミング言語には、Viscuit(ビスケット)もあります。

Viscuitは、自分で描いたイラストを動かします。

イラストを動かす際には、メガネというツールを使用します。

メガネ内のイラストをドラッグして動かすので、文字を入力する必要がありません。

Viscuitは、プログラミング初心者のお子様でも、簡単にプログラミングを学ぶことができるビジュアルプログラミング言語です。

子供のプログラミング教室の選び方とは



子供のプログラミング教室を選ぶ際は、体験会へ参加することをおすすめします。

教室型、オンライン型、どちらも体験できれば良いですが、地方の方はオンラインプログラミング教室をいくつか体験してみると良いでしょう。

プログラミング教室の中には、無料体験を実施しているスクールもあります

教室によって料金や内容も異なりますから、お子様の感想も参考にして、学びやすい教室を選びましょう。

わかった母Iさん
わかった母Iさん

無料で体験できる教室もあるのね!

最後に、オンラインで学ぶことができるプログラミング教室をご紹介します。



子供のプログラミング教室 Z会プログラミング講座

Z会プログラミング講座は、年長・小学生~中学生のお子様が対象のプログラミング教室です。

・紙に書き込みながら学習していくスタイル

・ブロックやロボット、アプリでプログラミングを楽しみながら学ぶ

・お子様に合わせて講座を選ぶことができる

・ゲームやアニメでプログラミングを学ぶことができる(Scratch使用)

・ロボット作りの中でプログラミングを学ぶことができる(レゴブロック使用)

Z会プログラミング講座のプログラミング講座数は全5種類です。

大学入試に備えたい、内申点対策をしたいというお子様向けに情報活用能力を身につけるプログラミング講座もありますから、この機会に是非ご検討ください。



子供のプログラミング教室 デジタネ

デジタネは、小学1年生から始めることができるプログラミング教室です。

・初心者から上級者まで楽しく学べるコンテンツが豊富

・マイクラッチやScratch、Robloxなどのコースがある

・100以上のコンテンツが月額料金で選び放題

・月額4,980円(税込)。

・年間プランを選んだ場合は1年間の月額が3,980円(税込)になるので、年間で12,000円お得

・講師陣は、現役のプログラマーやマイクラユーザーなど実力派

・チャットによるサポートあり

・オンライン上で作品を共有できるSNSもあり

デジタネ(旧D-SCHOOLオンライン)では、新しいコースも始まりましたので、是非体験会へ参加してみませんか。



まとめ

子供のプログラミング教室の種類やプログラミング言語、オンラインプログラミング教室などについてご紹介しました。

プログラミング教室によって内容や料金が異なることもお分かりいただけたでしょう。

プログラミング教室選びに迷った時は、無料体験や資料請求をおすすめします

情報収集することで、お子様に合う教室かどうかがわかります。

長く通うことができる教室を見つければ、お子様の成長にも繋がりますから、比較検討してぴったりのプログラミング教室を選びましょう。



タイトルとURLをコピーしました