プログラミング教育のメリット

スポンサーリンク
プログラミング教室
スポンサーリンク

プログラミング教育は、小学校や中学校で必修化されました。

2024年の大学入試共通テストでは、プログラミングが出題されることになっています。

プログラミング教育の目的は、プログラミング的思考を身につけることですが、プログラミングを学ぶことで様々なメリットや効果が期待できます。

今回は、プログラミング教育のメリットやデメリット、おすすめのプログラミングスクールなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

プログラミング教育のメリットとは

プログラミング教育では、コンピュータの働きや使い方などを学び、プログラミング的思考も育むことが目的です。

プログラマーになることが目的ではないので、難しいコードや記号は必要ありません。

小学校のプログラミング学習は、算数や理科、音楽など教科の中で取り入れる形で学びます。

そして、中学校では、小学校で学んだプログラミング学習の内容を、授業の中で更に発展させます。

プログラミング教育の目的であるプログラミング的思考は、中学校でも育成していきます。

ここからは、プログラミング教育のメリットをまとめてご紹介します。

プログラミング的思考が身につく

プログラミング教育のメリットとして、プログラミング的思考が身につくということがあります。

プログラミング的思考とは、目的や目標を達成するために、順序立てて考えることです。

ゴールするまでに必要な手順や内容を考えることができるようになれば、子どもでも臨機応変に対応、行動できるようになります。

プログラミング的思考があれば、大人になってからも役立ちますので、身につけることが生きやすさにも繋がるでしょう。

社会人になってから困らない

プログラミング教育のメリットとして、社会人になってから困らないということもあります。

プログラミングの知識や技術は、IT化が進む日本だけではなく、世界においても必要なスキルです。

経済産業省・経済産業省委託事業IT 人材需給に関する調査によると、「2030年には国内のIT人材が不足する」という結果が出ています。

プログラミング的思考やプログラミングの技術は、仕事や日々の生活など社会人になってからも役立つスキルです。

将来の選択肢も広がりますし、就職の際もプログラミングに関するスキルがあることがメリットになるでしょう。

最後までやり遂げる力が身につく

プログラミング教育のメリットとして、最後までやり遂げる力が身につくということもあります。

プログラミング学習では、スムーズに解決できる課題だけではなく、イレギュラーなこと、エラーが起きることもあります。

何度もプログラミングをやり直すことで、集中力、忍耐力なども身につきます。

問題解決能力が身につく

プログラミング教育のメリットとして、問題解決能力が身につくということもあります。

プログラミング教育では、物事を順序だてて考える力を養います。

どのようにすれば、思い通りにプログラミングできるかについて考えることは、問題解決能力を育むことにも繋がります。

問題を解決する方法は、いくつもありますので、様々な視点から考えることで、自然に問題解決能力を身につけることができます。

問題解決能力は、プログラミングの場面でだけではなく、勉強や人間関係、受験、就職など様々な場面でも役立つでしょう。

教科の学びを深めることができる

プログラミング教育のメリットとして、教科の学びを深めることができるということもありあます。

プログラミング教育では、プログラミングという教科はありません。

国語や算数、理科、音楽などの教科の中で取り入れる形なので、プログラミングを学ぶことで、教科への興味や関心がより深まります。

プログラミングの指示が間違っていれば、正しい答えは出ませんが、試行錯誤して正しい指示を出すことができれば、正解を導き出すことができます。

プログラミング教育では、主体的に考える力や忍耐力も身につくので、諦めずに取り組むことが、教科の知識や学力アップにも繋がるでしょう。

自己肯定感を高めることができる

プログラミング教育のメリットとして、自己肯定感を高めることができるということもあります。

プログラミングは、失敗することもありますが、様々な方法を考えて、何度も挑戦し、成功へたどり着きます。

プログラミング教育の内容は、アニメーションやゲームなど子どもが楽しめて、感覚的に操作できます。

プログラミング教育で得た成功体験は、自己肯定感を高めるので、自信にも繋がります。

自信がつけば、積極的な性格になり、コミュニケーション能力のアップやプレゼン力なども高めることができるでしょう。

判断力が身につく

プログラミング教育のメリットとして、判断力が身につくということもあります。

判断力は、物事について自分で見極めて、適切に判断する力です。

プログラミングで扱うコンピュータの動作が正しいか判断する時や問題を解決する時、または修正する時に必要な力です。

プログラミング教育の中では、判断するタイミングが何度も訪れますの。

繰り返しのプログラミング学習によって、判断力を自然に身につけることができるでしょう。

創造力が身につく

プログラミング教育のメリットとして、創造力が身につくということがあります。

プログラミング教育では、子どもでも理解しやすい内容で学びます。

自分で考えながら世界を作るプログラミングゲームもありますので、創造力は自然に身につきます。

マインクラフトは、ルールがなく、自分で世界を作ることができるので、子どもだけではなく、大人にも人気があるゲームです。

ゲーム感覚で、プログラミングを行い、創造力を身につけることができますので、ゲーム好きなお子様におすすめです。

プログラミング教育のデメリットとは



プログラミング教育のメリットをご紹介しましたが、デメリットもあります。

ここでは、プログラミング教育のデメリットをご紹介します。

学校によって習得できるスキルが異なる

プログラミング教育のデメリットとして、学校によって習得できるスキルが異なるということがあります。

プログラミング教育が必修化されたのは、2020年です。

プログラミング教育は、開始されたばかりですから、学校や指導する教師によって、スキルは異なります。

専門的な知識を持つ教師であれば、プログラミングの学習が理解しやすく、また知識、技術も身につきやすいでしょう。

しかし、不慣れな場合は、他校との差が出る可能性があります。

教科の時間が少ない

プログラミング教育のデメリットとして、教科の時間が少ないということもあります。

例えば、中学校でのプログラミング教育は、技術・家庭科技術分野の中で行われます。

教科を受け持つ教師が担当しますが、技術・家庭科の科目時間は少ないので、プログラミングを学ぶ時間も少ないという問題があります。

プログラミングの学びを深めたい時には、プログラミングのプロが指導するプログラミングスクールを検討することをおすすめします。

プログラミングにおすすめLITALICOワンダー



プログラミング教育は、小学校や中学校で学ぶことができますが、知識や技術を深めたい場合は、プロから教わるという方法もあります。

プログラミングスクールでは、プロが指導しますので、理解しやすく、先生からのサポートをしっかり受けることができます。

また、プログラミング初心者の子どもでも楽しめる内容なので、お子様のスキルアップを希望する保護者の方にもおすすめです。

ここからは、プログラミングにおすすめのプログラミングスクール「LITALICOワンダー」をご紹介します。

LITALICOワンダー

LITALICOワンダーは、幼稚園年長〜高校3年生が対象のプログラミングスクールです。

LITALICOワンダーには、5つのコースがあります。

  • ゲーム&アプリプログラミングコース
  • ゲーム&アプリエキスパートコース
  • ロボットクリエイトコース
  • ロボットテクニカルコース
  • デジタルファブリケーションコース

ゲームやアプリを製作するゲーム&アプリプログラミングコースは、ゲーム好きのお子様におすすめです。

ロボットクリエイトコースは、ブロック遊びやロボット遊びが好きなお子様におすすめです。

LITALICOワンダー入学金やコース料金とは

LITALICOワンダーでは、入学金として、初月のみ16,500円(税込)かかります。

ロボットクリエイトコース、ゲーム&アプリコースなど、それぞれの料金(税込)は、以下です。

  • ロボットクリエイトコース7,425円
  • ロボットテクニカルコース7,425円
  • ゲーム&アプリプログラミングコース7,425円
  • ゲーム&アプリエキスパートコース8,525円
  • デジタルファブリケーションコース7,425円

※上記料金は、90分あたりの税込料金です。

※オンラインの場合は、上記より安くなります。

LITALICOワンダーでは無料体験実施中

どんな授業か知りたいお子様や保護者の方は、無料の体験授業へ参加できます。

LITALICOワンダーのオンラインの雰囲気を味わってみたい方々から好評です。

体験授業は同時に2名まで可能です。

入塾金が無料になるキャンペーンを2023年5月31日まで実施しています。

16,500円(税込)が0円になるお得なキャンペーンです。

体験会は、お友達やお兄弟とのご予約ができますので、是非この機会にご検討ください。

まとめ

プログラミング教育のメリットやデメリット、おすすめのプログラミングスクールなどについてご紹介しました。

プログラミングは、小学校や中学校で学ぶこともできます。

しかし、学校や教師によって学べる内容は異なります。

プログラミングスクールであれば、子どものレベルに合わせてステップアップすることが可能です。

気になるプログラミングスクールがあれば、複数社を比較検討して、お子様が楽しく、長く続けることができる教室を選びましょう。



タイトルとURLをコピーしました