子供のロボットプログラミング教室のおすすめや評判とは

スポンサーリンク
ロボットプログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

小学校でのプログラミング教育が必修化されたので、ロボットプログラミング教室やプログラミング教室を習い事のひとつとして考えている保護者の方が増えています。

プログラミングを学ぶことは、自分で考える力を強化します、また、手先を使うことによって脳の発達も促す効果が期待できるので、特にロボットプログラミング教室への注目が高まっています。

今回は、子供のロボットプログラミング教室のおすすめや評判などをご紹介します。

スポンサーリンク

子供のロボットプログラミング教室の評判が良い理由とは

ロボットプログラミング教室へ通った子供たちには様々な変化があるようです。

実際にどんな効果があるのか、子供のロボットプログラミング教室の評判が良い理由を3個ご紹介します。

積極的な性格になる

ロボットプログラミング教室の中には、コンテストや発表会を開催している所もあります。

人前で話すことが苦手なお子様でも発表する機会や人前に立つことにが増えていけば、自然に度胸も身につきます

積極的な性格になると臆することなく、行動できるようになるので、自主性も期待できるでしょう。

協調性が身につく

子供のロボットプログラミング教室では、複数人で学ぶカリキュラムもあります。

一人ではなく、誰かと協力して作業すること中で、自然に協調性が身につきます

また、分からないことを教えてもらうことができるだけではなく、友達にも教えることで、自分もまた覚えて、更に成長することになります。

将来の選択肢が広がる

子供のロボットプログラミング教室での学習によって、スマホやパソコンなどのIT機器の操作に強くなると、将来の選択肢も広がります。

IT関係、宇宙研究開発、医療系ITベンチャーの仕事などプログラミングが必要な仕事にも興味を持つようになれば、将来の選択肢が広がるでしょう。

子供のロボットプログラミング教室の支払い方とは



子供のロボットプログラミング教室の月謝は、1万円から2万円程度が相場です。

また、ロボットを使ってプログラミングするので、ロボットキット代もかかります。

ロボットキット代は、ロボットプログラミング教室によって異なりますが、3万円から6万円程度が相場になります。

ロボットプログラミング教室では、ロボット代と入会金も初期費用として掛かりますから、最初に大きな出費があります。

月謝だけ考えれば、他の習い事とそれほど大きな違いはありませんが、ロボットプログラミング教室では、初期費用がかかりますから、そのことが負担に思ってしまう方もいるようです。

ここで、子供のロボットプログラミング教室の支払い方をまとめてみました。

子供のお小遣いやお年玉から捻出

子供のロボットプログラミング教室の費用を、お子様と相談して、お小遣いやお年玉から出しているという保護者の方もいます。

また、ロボットキット代は、誕生日やクリスマスプレゼントとして購入している保護者の方もいます。

祖父母に協力してもらっている

子供のロボットプログラミング教室の費用を祖父母から協力してもらって出しているという保護者の方もいます。

孫の将来のためになるならと考える祖父母の方は多いようです。

子供のロボットプログラミング教室の費用は、決して安くはないですが、お子様の将来に役立つと考えて、支払い方を色々工夫されている保護者の方が多いようです。

子供のロボットプログラミング教室のおすすめ3社



子供のロボットプログラミング教室選びに迷った時は、比較検討することをおすすめします。

ここでは、子供におすすめのロボットプログラミング教室を3社ご紹介します。

LITALICOワンダー

LITALICOワンダーは、5歳から学習できるロボットプログラミング教室です。

ロボットプログラミングだけではなく、ゲームやアプリを学ぶことができるプログラミングコースもあります。

IT×ものづくり教室【LITALICOワンダー】のロボットクリエイトコースは、年長さんから小学3年生までが対象で、オンラインにも対応しています。

ロボットは、ブロックを組み立てて製作し、プログラミングはパソコンを使って行いますが、マウスでの操作なので、お子様でも簡単に動かすことができます。

また、LITALICOワンダーでは、入学金として初月のみ16,500円(税込)かかります。

ロボットクリエイトコースの料金は以下です。

コース名料金
ロボットクリエイトコース90分当たり7,425円(税込)
オンライン ロボットクリエイトコース1回の授業につき5,500円(税込)

オンラインのロボットクリエイトコースは、少人数のグループレッスンなので、学びやすく、目も届きやすいという特徴もあります。

LITALICOワンダーの授業が気になるお子様や保護者の方は、無料の体験授業へ参加できます。

教材が無くても楽しめる内容なので、LITALICOワンダーのオンラインの雰囲気を味わってみたい方々から好評です。

IT×ものづくり教室【LITALICOワンダー】では、プログラミングコースを体験するとプログラミング体験テキストのプレゼントがあります。

マウスやキーボード操作を基本から学べる分かりやすいテキストです。

体験会へ参加すると実際に学んでいる子供たちの生の声、表情、授業内容などがわかります。

気になる教室がありすぎて、全ての体験会へ参加してから決めるという保護者の方も珍しくありませんので、是非参加してみてはいかがですか。

Z会プログラミング講座

Z会プログラミング講座 with LEGO® Educationは、Z会学習とレゴ社のロボット教材が融合した講座です。

レゴブロックで作るロボットの組み立てとプログラミング学習で、発想力を養いながら、ロボットが動く仕組みも学べます。

Z会プログラミング講座は、ロボット作りを通して、プログラミングのスキルを身につけさせたいとお考えの保護者の方、将来を見据えてプログラミングに関する感性を育てたいとお考えの保護者の方におすすめです。

Z会プログラミング講座 with LEGO® Educationの料金は以下です。

受講名対象年齢初回費用月額受講料
SPIKEベーシック編小学2~5年生35,200円4,675円
標準編小学3~6年生44,000円 5,236円

Z会プログラミング講座では資料請求実施中!

Z会プログラミング講座 with LEGO® Educationでは、資料請求ができます。

請求特典として「小学生からのプログラミングの学び方」という冊子のプレゼントもありますので、この機会に是非お試しください。

ロッボクラブ

ロッボクラブは、プログラミングと一緒に英語も習い事のひとつにしたいという保護者の方におすすめのロボットプログラミング教室です。

英語で学ぶロボット教室「ロッボクラブ」では、英語の知識がなくても日本語のサポートがありますから、安心して学ぶことができる環境になっています。

海外在住の生徒さんも多いので、無理なく自然に英語力が高まります。

Scratchを使ったプログラミングの他、電子回路設計やアプリ制作も学べます。

ロッボクラブでは、プログラミングと英語のレッスンで広い世界と広い視野を得ることができますし、インターナショナルな感覚も身について、将来の可能性も広がるでしょう。



まとめ

子供のロボットプログラミング教室のおすすめや評判についてご紹介しました。

子供のロボットプログラミング教室は、教室へ通うタイプ、オンラインタイプがあることもお分かりいただけたでしょう。

全国にプログラミングを学べる教室は豊富にありますので、迷った時には体験会への参加や資料請求をおすすめします。

少なくとも2社から3社ほどのロボットプログラミング教室を比較検討して、お子様にピッタリの教室を見つけることで、長く、楽しく学ぶことができるでしょう。



タイトルとURLをコピーしました