プログラミングでできることや学ぶメリット

スポンサーリンク
プログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

日本ではIT人材不足が懸念されており、小学校ではプログラミング教育が始まりました。

プログラミングは、コンピュータを動かすだけではなく、私たちの生活にも必要不可欠なので、子どもにも大人にも必要なスキルです。

しかし、プログラミングでどんなことができるのか、プログラミングを学ぶメリットはあるのかなど、疑問があるという方もいるでしょう。

今回は、プログラミングでできることや学ぶメリットなどをご紹介します。

スポンサーリンク

プログラミングでできることは?

プログラミングは、日本だけではなく、世界でも必修科目として取り入れており、テクノロジーの進化にも欠かせません。

プログラミングでできることは、様々ありますが、一般的なものをご紹介します。

  • アプリ開発・制作
  • WEBサイト制作
  • ゲーム・アニメーション制作
  • システム開発
  • ロボット製作・開発

上記のようなプログラミングが必要な職種だけではなく、仕事上でも必要です。

プログラミングでできる仕事とは

データの集計や分析など仕事上で、プログラミングが必要になるケースもあります。

自動運転や自動応答システムなどの自動化もプログラミングによって行われています。

プログラミングでできることは、仕事でも生かすことができるので、学校だけではなく、社会人になってからも必要性が高いと言えるでしょう。

プログラミングを学ぶメリットとは



プログラミングでできることをご紹介しました。

情報の分析や予測などプログラミングでは様々なことができますが、難しいのではないかと思う方もいるでしょう。

小学校でのプログラミング教育の目的は、難しいコードや記号を覚えることではなく、子どもが生きていく上で必要になる知識や力を身につけることです。

プログラマーになることが目的ではないのです。

ここからは、プログラミングを学ぶメリットについてご紹介します。

プログラミング的思考が身につく

プログラミングを学ぶメリットは、プログラミング的思考が身につくということです。

プログラミング教育のねらいでもあるプログラミング的思考は以下です。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

文部科学省小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について

プログラミング的思考が身につくことで、どうしたら効率よく、問題を解決することができるのか、論理的に考えることができるようになります。

また、物事を順序立てて考えることで、物事を分解して考えることもできます。

様々なことを考えることができるようになれば、相手を思いやる気持ち、優しさを育むことにもなり、コミュニケーション能力も身につくでしょう。

創造力が身につく

プログラミングを学ぶメリットは、創造力が身につくということです。

プログラミング学習では、様々なことをイメージして考えます。

プログラミングを行う際は、修正や改善、試行錯誤など、考えることが多いので、創造力を自然に養うことができます。

創造力は、お絵かきや粘土遊び、ブロック遊び、読書などでも身につけることができます。

ブロックやレゴを使用するロボットプログラミング教室では、創造力や空間認識能力、巧緻性なども高めることができます。

創造力を身につけることで、常識にとらわれない自由な考え方ができるようになり、新しいアイデアも次々と思いつくので、発想力を養うこともできるでしょう。

問題解決力が身につく

プログラミングを学ぶメリットは、問題解決力が身につくということです。

問題解決力は、問題を解決する力です。

プログラミングの問題を正しく認識し、解決を考えて、正しい指示を出すことは、問題解決力を育むことになります。

プログラミングの問題解決力は、ビジネス面でも活用できます。

問題が起きた時、解決するためにはどうしたらよいかを考えて、ゴールまで到達する力を身につけることで、予想外の出来事やトラブルにも対応できるようになるからです。

また、プログラミングは、トライ&エラーの繰り返しなので、問題解決力を身につけることで、粘り強さや忍耐力も養うことができるでしょう。

子どもの将来に役立つ

プログラミングを学ぶメリットは、子どもの将来の就職、転職、独立などで役立つということです。

プログラミングスキルは、今後ますます需要が高くなるので、仕事の面でメリットになります。

需要が高いのは日本だけではないので、海外で活躍することもできます。

英語とプログラミングを学べる子ども向けプログラミング教室もあります。

どちらも身につけて欲しいとお考えの保護者の方は是非ご検討ください。

生きやすくなる

プログラミングを学ぶメリットは、生きやすくなるということです。

プログラミング学習では様々な力が身につきます。

プログラミング的思考や論理的思考、忍耐力、創造力などは、勉強、仕事、人間関係などあらゆる面で活用できます。

文部科学省では、小学校でプログラミング教育を導入する理由を以下のように挙げています。

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要。

「小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について」

急速に進んでいる技術革新に対応し、主体的に活用するために、そして社会で活躍するためにもプログラミングを学ぶことが必要と言えるでしょう。

プログラミング学習におすすめの方法とは



プログラミングでできることや学ぶメリットをご紹介しましたが、ここではプログラミング学習におすすめの方法をご紹介します。

プログラミング学習には、プログラミングアプリや本、プログラミングゲームなど様々な方法があります。

また、プログラミングは、プログラミングスクールでも学ぶことができます。

ここからは、子ども向けプログラミングスクール「LITALICOワンダー」をご紹介します。

LITALICOワンダーでは、物作りとプログラミングを学ぶことができます。

【LITALICOワンダー】

ロボットコースでは、ブロックを組み立ててロボット製作を行い、マウス操作でプログラミングを行います。

幼稚園年長さんから学べるコースで、ロボット製作の中で機械が動く仕組みについても学ぶことができます。

LITALICOワンダーのコースとは

LITALICOワンダーでは、ロボットコースだけではなく、プログラミングコースもあります。

LITALICOワンダーの5つのコースは以下です。

  • ロボットクリエイトコース
  • ロボットテクニカルコース
  • ゲーム&アプリプログラミングコース
  • ゲーム&アプリエキスパートコース
  • デジタルファブリケーションコース

LITALICOワンダーでは無料体験実施中!

LITALICOワンダーでは、無料体験会を実施しています。

体験会は、LITALICOワンダーの授業や雰囲気を知りたいお子様や保護者の方におすすめです。

無料体験会は、同時に2名まで可能で、お友達やお兄弟とのご予約ができます。

幼児プログラミングにご興味がある保護者の方は、是非この機会にLITALICOワンダーの体験会へ参加してみませんか。



まとめ

プログラミングでできることや学ぶメリットなどについてご紹介しました。

プログラミング学習では、様々な力が身につきますので、お子様の将来の選択肢や可能性を広げる効果も期待できます。

プログラミング学習は、小学校や中学校だけではなく、ご自宅でも学ぶ方法があります。

プログラミングアプリやおもちゃ、プログラミング教室など様々な学び方がありますから、この機会にお子様に合うプログラミング学習を取り入れてみませんか。



タイトルとURLをコピーしました