料理が子どもにもたらす効果は?

スポンサーリンク
プログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ご家庭で、親子やご家族で料理をする時間を作っていますか?

料理では、手や指、目などを使い、実際に体験できるので、勉強とは異なる体験学習になります。

また、子どもにとって様々な効果やメリットが期待できるので、家族時間の中に取り入れることもおすすめです。

今回は、料理が子どもにもたらす効果やメリットなどをご紹介します。

スポンサーリンク

料理が子どもにもたらす効果とは

親子で料理することは、家庭内で出来る体験学習の一つです。

子どもの頃から料理の仕方、段取りなどを身につけることは、大人になってからの糧にもなるでしょう。

ここからは、料理が子どもにもたらす効果やメリットなどについてご紹介します。

親子のコミュニケーションが増える

料理が子どもにもたらす効果やメリットは、親子のコミュニケーションが増えるということです。

料理では、様々な食材と作業があるので、「何を使うの?」、「これは何に使うの?」、「どうやって切るの?」など子どもからの質問に答えることで、自然に会話に繋がります。

普段は忙しくて一緒に過ごす時間がないご家族の場合は、みんなで料理することで、家族の絆も深まるでしょう。

自己肯定感が高まる

料理が子どもにもたらす効果やメリットは、自己肯定感が高まることです。

親子で料理して何かを完成させるという成功体験を重ねること、頑張った過程を親から褒められることで、自己肯定感を高めることができます。

親子で料理をして、自己肯定感が高まることで、積極的な性格にもなり、料理以外のことにも自信を持って取り組むことができるようになるでしょう。

五感を鍛える

料理が子どもにもたらす効果やメリットは、五感を刺激することです。

親子で料理する際には、手でこねる、混ぜるなど様々な作業があります。

子どもの五感は、手や指、皮膚に触れる遊びの中でも鍛えることができますが、料理でも同様の効果が期待できます。

五感を刺激することは、脳の活性化にも繋がるので、親子で料理することは、脳の成長期の子どもにおすすめです。

創造力を鍛える

料理が子どもにもたらす効果やメリットは、創造力を鍛えることです。

料理では、使う食材や段取りなど様々なことを考えるので、創造力を養うことに繋がります。

料理ではプログラミング的思考も育む!

物事を順序立てて考えることは、プログラミング的思考でもあります。

プログラミング的思考は、小学校で必修化されたプログラミング教育の目的の一つです。

親子料理で、様々なことを考えて、問題が起きても臨機応変に対応することは、プログラミング的思考を育むことにも繋がります。

また、親子で料理を作って、改善すべきことや反省点について話すことも大切です。

料理では、味付けや盛り付けなど、反省すべきところもあります。

料理をすることは、創造力を鍛えるだけではなく、失敗した時には改善策も考えるので、問題解決力や忍耐力なども養い、鍛えることができます。

感謝の心を育む

料理が子どもにもたらす効果やメリットは、感謝の心を育むことです。

料理を食べているだけでは、どんな食材を使っているのか、どのように調理されているのかが分かりません。

しかし、親子で実際に料理することで、様々なことを学ぶきっかけになります。

何気なく食べている魚やお肉、野菜などの産地について教えること、実際に触れて料理することで、子どもは、感謝の気持ちを感じやすくなるはずです。

作ってくれる親への感謝、食材を育てている生産者さんへの感謝などを知ることで、「料理は残さず食べよう」、「嫌いな物も食べてみよう」という気持ちにもなるでしょう。

食育になる

料理が子どもにもたらす効果やメリットは、食育になるということです。

親子で料理することは、ご家庭での食育にもおすすめです。

親子で料理することは、食べ物を大事にする気持ち、好き嫌いしないで食べることの大切さなどに気づくきっかけになります。

食育を子どもの頃からご家庭内で育むことで、心と体の健康にも繋がるといわれています。

子どもの頃の食習慣は、大人になってから改めることが困難なので、生活習慣病を予防する食生活を送ることの重要性を伝えることも大切なことです。



創造力を養う【LOGIQ LABO ロジックラボ】

ソニーの学習アプリ【LOGIQ LABO ロジックラボ】は、テクノロジーを使いこなす理数脳を育む小学生向けの自宅学習サービスです。

ご自宅のiPadまたはAndroidタブレットにアプリをインストールして学習します。

お子さまひとりひとりのレベルに合わせてカリキュラムを調整するため、無学年式学習ができます。

小学1年生から理数脳を育む!

LOGIQ LABO ロジックラボの対象年齢は、小学1年生から6年生です。

テクノロジーを使いこなす理数脳の土台となる4つの力(情報読解力・計算力・空間認識能力・探索力)をバランスよく育みます。

未来を想像する探究活動も豊富!

LOGIQ LABO ロジックラボでは、教育専用アプリを使って、お子様に合うテーマを選んで、創造力を養うことができます。

  • お料理レシピをつくろう:AIと相談しながら自分だけの料理レシピをつくり出す
  • 課題を解決しよう:街の課題を考えてプログラミングで解決する(2024年8月リリース)
  • 絵本をつくろう:AIを活用して自分だけの絵本シナリオとイラストを創作する

1週間無料で使える!

ソニーの学習者アプリ【LOGIQ LABO(ロジックラボ)】サービス申込プロモーション

LOGIQ LABO ロジックラボには、無料期間があります。

1週間無料で費用は一切かかりませんので、この機会にLOGIQ LABO ロジックラボを体験してみませんか。



まとめ

料理が子どもにもたらす効果やメリットなどについてご紹介しました。

親子で料理することは、子どもにとって食育になるということもお分かりいただけたでしょう。

料理で鍛えることができる創造力は、プログラミングでも養うことができますので、プログラミングおもちゃなどで遊びながら、一緒に高めていくこともおすすめです。

この機会に、ご家庭でのおうち時間の中に、親子で料理することや創造力を高める遊びなどを取り入れてみませんか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました