勉強が苦手な子の勉強法とは?苦手な理由や克服の仕方も

スポンサーリンク
住まい
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

子どもには、積極的に勉強して欲しいと思う保護者の方は多いでしょうが、勉強が苦手で、学力が向上しないお子様もいます。

勉強が苦手な子には、様々な原因や理由があります。

勉強が苦手な理由を明らかにすることで、苦手意識を克服することができ、目標も立てることができるでしょう。

今回は、勉強が苦手な子の勉強法や苦手な理由、おすすめの克服の仕方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

勉強が苦手な理由とは

勉強が苦手な子には、理由があります。

まずは、勉強が苦手な理由をご紹介します。

勉強のやり方がわからない

勉強が苦手な理由として、勉強のやり方がわからないということがあります。

勉強を本格的に始める時期は、小学校へ入学してからになります。

幼児期から家庭学習に取り組んでいた場合は、学習習慣や集中力が身についており、スムーズに勉強することができます。

しかし、勉強を小学校へ入学してから始める場合は、勉強のやり方を身につける必要があります。

勉強する場所がない、集中できない、何から始めれば良いかわからないという場合は、やり方を見つけなければ、勉強が苦手なままになってしまうでしょう。

勉強ができないという思い込みがある

勉強が苦手な理由として、「勉強ができない」という思い込みもあります。

勉強のやり方がわからなければ、学力アップは難しく、テストの点数も低いままです。

そのような状態が続くことで、勉強に対して苦手意識を持ってしまい、「勉強が嫌い」、「勉強は苦手」とマイナスのイメージを抱いて、勉強から遠ざかってしまいます。

勉強は、やる気にならないと集中して取り組むことができません。

思い込みを払しょくすることができなければ、勉強が苦手な子から抜け出すことはできないでしょう。

勉強が苦手な子におすすめの勉強法とは



勉強が苦手な理由をご紹介しましたが、ここからはどのように勉強すれば良いのか、勉強が苦手な子におすすめの勉強法をご紹介します。

勉強できる場所を作る

勉強が苦手な子の勉強法として、まずは勉強できる場所を作ることをおすすめします。

勉強に集中できるように勉強机や椅子、勉強部屋を作りましょう。

子供部屋でも良いですが、勉強に慣れるまでは、親や家族との空間で取り組んだほうが安心できるというケースもあります。

リビングでのリビング学習から始めて、勉強に慣れてきたら子供部屋で勉強するという方法もありますので、お子様が落ち着ける場所で勉強できるように、環境を整えましょう。

できることから始める

勉強が苦手な子の勉強法として、できることから始めることもおすすめです。

勉強が苦手な子は、「問題が解けない」、「勉強がわからない」など勉強に対してのハードルが高く、取り組めない可能性があります。

難しい問題ではなく、子どもが好きな教科や取り組みやすい問題から始めましょう。

できる問題が増えていけば、成功体験になり、苦手意識も薄れていきますし、勉強に対する意欲が出てくる可能性があります。

お子様の学力に合わせて問題を出題するタブレット学習教材もあります。

タブレット学習教材は、間違えた所を克服できるように繰り返し学習ができる、キャラクターと一緒に学習できるタイプもあります。

楽しいという気持ちも勉強へのやる気になりますので、お子様に合う学習教材を選ぶことも大切です。

集中できる時間内で行う

勉強が苦手な子の勉強法として、集中できる時間内で行うこともおすすめです。

勉強は、集中して取り組むことができないと頭に入りません。

子どもの集中できる時間は、以下です。

  • 小学校低学年10分から15分
  • 小学校高学年30分程度

集中できる時間は、大人で90分程度と言われています。

時間を意識して勉強することで、「宿題は〇分、学習教材は〇分」というように、学習の予定も立てやすくなるでしょう。

お子様が慣れるまでは、「今日はここからここまで勉強してみよう」と親が学習計画を立てることをおすすめします。

学習計画を立てることで効率的に勉強できますし、集中できる時間内に学習することで、無理なく学力を高めることができるでしょう。

お子様に合う勉強法を見つける

勉強が苦手な子の勉強法として、お子様に合う勉強法を見つけることもおすすめです。

勉強のやり方は様々あります。

ドリルや問題集など紙の学習方法もあれば、タブレットで学ぶ方法もあります。

また、自宅で学習する家庭学習だけではなく、塾や個別指導などプロから学ぶ学習法もあります。

一人で学習することが苦手なお子様の場合は、キャラクターが授業を展開していくタブレット学習教材やプロから学ぶスタイルが良いでしょう。

特に、勉強に苦手意識があるお子様の場合は、意欲的に取り組める学習内容が良いでしょう。

勉強に楽しさや面白さを感じることができるようになれば、主体的に学びと向き合えるようになります。

苦手意識がなくなるまでは、親がお子様に合う学習スタイルを見つけて、サポートしてあげると良いでしょう。

勉強が苦手な子の克服法とは



勉強が苦手な子の勉強法についてご紹介しましたが、ここからは、勉強が苦手な子におすすめの克服法をご紹介します。

勉強が苦手な子の克服法としては、勉強に対するイメージを変えることです。

マイナスのイメージをプラスのイメージにするためには、間違えやすい所、苦手な所を克服することがポイントです。

正解が増えていくことで、勉強に対するハードルが下がり、自信にも繋がります。

一人での学習では、苦手な所を避けてしまう傾向にありますので、苦手な部分に向き合える学習教材がおすすめです。

勉強の苦手克服にはタブレット学習がおすすめ

タブレット学習は、パソコンやタブレットなどを使って、お子様がひとりでも学習することができます

紙の学習では、学習教材を準備して、自分で勉強するところを開いて始めるのですが、タブレット学習は、タブレット端末さえあれば、いつでもどこでも勉強ができます。

ゲームをしているような感覚で学習できますので、学習習慣がないお子様、勉強に苦手意識があるお子様におすすめです。

タブレット学習教材「すらら」は、AI搭載なので、お子様がつまずく原因を特定することができます。

すららでは、お子様が正解できるまで何度も出題するので、苦手な分野を克服できます。

更に、学力がアップすると学年以上の勉強もできるので、お子様の成長に合わせて、無理なくレベルを高めていくこともできます。

勉強が苦手な子におすすめのタブレット学習「すらら」とは



「すらら」は、キャラクターと進める学習スタイルで、タブレットを使用します。

タブレット学習は、学習習慣がつきやすく、またモチベーションアップも期待できるという特徴があります。

勉強が楽しくなることで、お子様が主体的に取り組むことができます。

すららの学習範囲

すららの学習範囲は、小学校1年生から高校3年生までです。

国語、数学、理科、社会、英語の5教科学習ができるので、大学生の学び直しや一般の方にも活用できるデジタル教材です。

無学年式学習教材で、アニメーションによる学習もできますから、勉強が苦手なお子様でも、楽しみながら勉強できるという特徴があります。

すららでは無料体験実施中!

すららでは、無料体験を実施しています。

89.1%のお子様が「すらら」を継続していますので、是非この機会にご検討ください。



まとめ

勉強が苦手な子の勉強法についてご紹介しました。

勉強が苦手な理由や克服の仕方もお分かりいただけたでしょう。

子どもは、親から褒められることで、勉強へのやる気や意欲、自己肯定感を高めることもできます。

「頑張っているね!」と親が褒めることで、子どもは嬉しい気持ちになり、「もっと頑張ろう」と思えるようにもなります。

親の声がけや促し方で、子どものやる気は変化しますので、勉強を頑張っている過程に着目してきちんと褒めてあげましょう。

お子様に合う学習教材を利用することもおすすめですから、勉強が苦手意識があるお子様のことでお悩みの方は、この機会に勉強のやり方を見直してみませんか。



タイトルとURLをコピーしました