プログラミング学習が意味ないと言われる理由

スポンサーリンク
プログラミング教室
Smiling children signing OK
スポンサーリンク

プログラミング学習は、2020年小学校で必修化されました。

しかし、プログラミング教育は始まったばかりなので、お子様へどんな効果があるのかが実感できないという保護者の方もいるでしょう。

「プログラミング学習は意味がない」、「プログラミング学習はやめたほうが良い」などの声もあるようですが、プログラミングは子どもにとって、本当に意味がないのでしょうか。

今回は、プログラミング学習が意味ないと言われる理由やデメリット、プログラミング学習のメリットなどについてもご紹介します。

子どものプログラミング学習や教室選びの際の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

プログラミング学習が意味ないと言われる理由やデメリットとは

プログラミング学習は、小学校や中学校の教科の中で取り入れています。

プログラミング教育の目的は、プログラミング的思考を養うことです。

プログラミング学習の中で、プログラミング的思考や論理的思考、創造力など様々な力を身につけることができると言われています。

しかし、「プログラミング学習が意味ない」という声があるのは、どうしてでしょうか。

ここからは、プログラミング学習が意味ないと言われる理由やデメリットをご紹介します。

小学校や中学校で学べるから

プログラミング学習が意味ないと言われる理由として、小学校や中学校で学べるということがあります。

プログラミングという教科はありませんが、算数や理科、音楽などの教科の中でプログラミングを学ぶことができます。

また、最近では、無料で学べるアプリやサイト、プログラミング用教材もあります。

わざわざお金を出してプログラミングスクールへ通させる必要はないと考える親や保護者の方もいるようです。

費用がかかるから

プログラミング学習が意味ないと言われる理由として、費用がかかるということもあります。

プログラミング学習では、パソコンやタブレットなどでプログラミングを行います。

ロボットプログラミングを学ぶ場合は、この他にロボット代がかかります。

初期費用だけで3万円以上かかることもあり、他の習い事と比べても高額です。

アニメーションやゲーム、ロボット作りの中でプログラミングを学びますが、実際に目に見えて子どもへの効果も実感できないので、費用の割に成果もわからないという声もあります。

プログラミング学習の費用を払うだけの価値があるのかがわからず、「意味ない」と思ってしまう保護者の方もいるようです。

子どもにとって良い効果がないから

プログラミング学習が意味ないと言われる理由として、子どもにとって良い効果がないということもあります。

プログラミング教室では、アニメーションやゲーム、アプリなどを制作して、プログラミングを学びます。

ロボットプログラミング教室では、ロボットを作ってプログラミングを学びます。

興味がない教材や内容の場合は、相性が悪くて、プログラミング学習を楽しめないということがあります。

子どもにとって魅力的な学習内容でなければ、プログラミング学習への意欲も低いままで、伸びません。

何の効果も得られないまま、料金だけがかかる可能性があります。

プログラミングは、お子様の興味や関心に合わせて、相性が良い教材、お子様に向いている教室で学ぶことが大切です。

楽しいと思えない学習スタイルの教材や教室の場合は、子どもが途中で投げ出す可能性もあり、プログラミング学習が意味ないと言われる理由になるでしょう。

大人になってから学べるから

プログラミング学習が意味ないと言われる理由として、大人になってから学べるということもあります。

小学校でのプログラミング学習では、難しいコードや記号を使うことはありません。

あくまでも教科の中で取り入れる形なので、お子様でも理解しやすく、感覚的に操作できる内容です。

難しい学習内容ではない分、「大人になってからでいい」と考える保護者の方もいるようです。

大人向けプログラミングスクールもありますので、社会人になってから学んでいるという方も増えています。

「プログラミングは大人になってからでいい」と思っている方は、子どものプログラミング学習に関して意味ないと考えるようです。

プログラミング学習のメリットとは



プログラミング学習が意味ないと言われる理由をご紹介しましたが、メリットもあります。

ここからは、プログラミング学習のメリットや効果についてご紹介します。

プログラミング学習のメリットは、様々な力が身につくということです。

プログラミング的思考を養うことや脳の発達を促すなど、様々な効果が期待できます。

プログラミングは、小学校や中学校でも学べますが、授業時間が少ないと言われており、学校や教師によっても身につく力や効果は異なります。

子どもの頃から学校以外の場でもプログラミング学習を行うことで、受験、就職、人生においても役立つ力が身につくでしょう。

子ども向けプログラミング学習におすすめの教室とは



プログラミング学習が意味ないと言われる理由やデメリット、メリットなどについてご紹介しましたが、ここからはおすすめのプログラミング教室をおすすめします。

子ども向けプログラミング学習におすすめのプログラミング教室は、「デジタネ」です。

デジタネの特徴は、月額料金4,980円(税込)で学び放題ということです。

デジタネの年間プランを選んだ場合は、月額料金が3,980円になるので、年間で12,000円お得です。

デジタネのコース

デジタネのコースは以下です。

  • 小学1年生からが対象:マイクラッチ、Scratch
  • 小学校高学年からが対象:Roblox、JavaScript、HTML&CSS

また、デジタネでは、ネットリテラシーを身につけることもできます。

ネットリテラシーとは、インターネットを使う上で、理解しておくべき知識です。

知らないうちに犯罪に巻き込まれる、加害者になるなどを防ぐことができます。

期間限定キャンペーンとは

デジタネでは、無料体験ができる期間限定キャンペーンを実施中です。

マイクラッチコースの受講に必要なマインクラフトJava版(本体)の購入代金相当の3,960円が実質無料になるキャンペーンもあります。

無料体験を実施しているデジタネをこの機会に、是非ご検討ください。

まとめ

プログラミング学習が意味ないと言われる理由についてご紹介しました。

子どものプログラミングスクールの中には、ロボットキット代がかかるところもあり、初期費用だけで3万円以上かかるケースもあります。

お金がかかる分だけ、プログラミング学習を取り入れることに不安を感じる方もいるでしょう。

しかし、実際には、プログラミング学習によって様々な効果が期待できることがお分かりいただけたでしょう。

無料で学べるアプリやサイト、無料体験会を実施しているプログラミング教室もありますから、この機会に、是非子どものプログラミング学習について考えてみませんか。



タイトルとURLをコピーしました