ホームスクールのデメリットは?メリットも

スポンサーリンク
不登校
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ホームスクールは、学校へ通うことなく、家庭内で学習することです。

海外では既に制度化、導入されている教育法です。

しかし、日本ではまだ一般的ではないので、どのような内容なのかわからないという方が多いようです。

今回は、ホームスクールのデメリットやメリット、ホームスクールにおすすめの学習サービスなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

ホームスクールとは

ホームスクールとは、学校へ通うことなく、家庭内で学習することです。

ホームスクールは、不登校の子どもにおすすめの教育法で、別名「ホームスクーリング」といいます。

ホームスクール(ホームスクーリング)は、日本では馴染みがない教育法です。

しかし、ホームスクールは、海外では既に制度化されており、アメリカやイギリス、カナダなどで導入されています。

消極的不登校と積極的不登校とは

不登校には、以下の2種類があります。

  • 消極的不登校:無気力、学校や家庭の環境などに馴染めず、学習以前の支援が必要
  • 積極的不登校:自分の意思や家庭の方針として学校へ行かないという選択をしている

日本では、不登校の子どもが通える場所として、フリースクールや不登校特例校などがあります。

無気力、学校や家庭の環境などに馴染めず、学習以前の支援が必要な子どもは、消極的不登校と言います。

日本では、ホームスクール(ホームスクーリング)が制度化されていないので、フリースクールや不登校特例校、出席扱いになる学習サービスなどの利用が一般的です。

ホームスクールは積極的不登校を指す

ホームスクールは、学校へ馴染めず、支援が必要な子どもではなく、自分の意思や家庭の方針で学校へ行かない子どもを指します。

学校へ行かないという選択をしている子どもは、登校することを前提としておらず、積極的不登校を指します。

ホームスクールのデメリットとは

ホームスクールは、ご家庭内で学習できるのですが、デメリットもあります。

ここからは、ホームスクールのデメリットをご紹介します。

教育の質の低下

ホームスクールのデメリットは、教育の質の低下への懸念です。

学校では、教員免許を持つ先生から授業を受けます。

しかし、ホームスクールを行う場合は、学習教材や学習環境、学習計画など、親や保護者側が、子どもにとって学びやすい環境を考えて、提供する必要があります。

ホームスクールを提供するサービスを利用!

ホームスクールは、教育の質の低下が懸念されますが、ホームスクール(ホームスクーリング)を利用できる学習サービスもあります。

学習計画やサポートなどの体制も整っている学習サービスであれば、保護者様は、安心して見守ることができるでしょう。

不登校におすすめのホームスクールにご興味がある方は、そのようなサービスを提供するところへ一度相談してみることをおすすめします。

コミュニケーションをとる機会が減る

ホームスクールのデメリットは、コミュニケーションをとる機会が減るということです。

ホームスクールは、学校へ通わない教育法なので、人や社会との交流が減ります。

学校へ通わず、自宅で学習する場合は、本来交流できるお友達や先生など、人との交流ができません。

外出や交流の機会を増やす!

集団との関りもないので、社交性やコミュニケーション能力の向上などが期待できないので、家庭外の人たちとの交流が必要です。

  • 地域のイベントに参加する
  • 習い事をする
  • 近所の子どもと遊ぶ

上記のように、家族以外の人たちと交流できる場所に参加して、人や社会との繋がりを深めることをおすすめします。

制度化されていない

ホームスクールのデメリットとして、制度化されていないということもあります。

日本では、フリースクールや不登校特例校などがありますが、出席扱いになる学習サービスを利用する場合は、成果の証明や書類提出などがあります。

海外では、学校以外の支援団体の支援、法的に認められているなどもあり、ホームスクールの環境が整っています。

しかし、日本では、インターネットを活用して学習するICT教育が始まったばかりです。

ホームスクールを利用する場合は、ご家庭内での教育だけではなく、外部の学習サービスを利用することをおすすめします。

ホームスクールのメリットとは

ホームスクール(ホームスクーリング)は、デメリットばかりではありません。

ホームスクールが法律で認められている海外では、ホームスクールは一般的な教育法です。

必ずしも学校へ通わなければいけないわけではなく、家庭を拠点として自由に学習できます。

ここからは、ホームスクールのメリットをご紹介します。

子どものペースで学習できる

ホームスクールのメリットは、子どものペースで学習できることです。

ホームスクールは、学校での集団行動とは異なりますから、自分のペースで勉強を進めていくことができます。

クラスの勉強スピードや学習計画に合わせなければいけない場合は、わからない所や苦手な所があると焦りにも繋がります。

しかし、ホームスクールの場合は、苦手な所に時間をかけることができますし、得意な所は、先取学習でどんどん伸ばしていくこともできます。

ホームスクールでは、集団学習ではなく個人学習になるので、学年を超えて先取学習も可能です。

主体性が身につく

ホームスクールのメリットは、主体性が身につくことです。

ホームスクールでは、学習計画が必要です。

学校では、授業が始まったら学習するという流れですが、ご家庭の場合は、今日の学習、明日の学習など、学習範囲や教科を自分で考えます。

ホームスクールでは、周りと一緒に提供された学習を進めるという受け身ではなく、積極的に自分で選択して取り組むので、主体性が自然に身につきます。

わからない所があっても置いて行かれる心配はなく、自分が理解できるまで、自分のペースで学習できます。

きちんと理解した上で先へ進むことで、意欲ややる気、集中力なども高まり、時間の使い方も上手くなれば、効率的な学習法も身につくでしょう。

ストレスがない

ホームスクールのメリットは、ストレスがないということです。

学校では、周りと一緒に学習するので、クラスの誰かと比べて焦りや不安を感じることがあります。

ホームスクールの家庭内学習の場合は、自分と比べる対象の人がいないので、リラックスした環境の中で学習できます。

クラスでのいじめや不安、劣等感などがある子どもの場合は、ストレスの日々から解放されて、精神的な負担も減ります。

気分が楽になることで、笑顔が増える、気持ちが明るくなるなど、心の変化が学習面のモチベーションの変化にも繋がるでしょう。

できる問題や得意な科目が増えていくことは、子どもの自信に繋がり、親や保護者に褒められることで、自己肯定感も高めることができるでしょう。

不登校の子どもにおすすめ【すらら】

すらら】は、出席扱いの実績がある、不登校の子どもにおすすめの学習サービスです。

小学校1年生から高校3年生までが楽しく学べるデジタル学習教材で、イラストや音声を組み合わせて、ゲーム感覚で学べる多感覚学習を取り入れています。

新不登校 無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】は、アニメーションを使って学習できるので、楽しく学べるという魅力もあります。

無学年式!

すららは、無学年式のオンライン教材を使用しています。

全国300人以上の不登校のお子様が出席扱いとして認められているという実績もあります。

無料体験実施中!

すららでは、無料体験を実施しています。

この機会に、すららの無料体験に参加してみませんか。

ホームスクールにおすすめ【オンライン家庭教師マナリンク】

オンライン家庭教師マナリンク】は、積極的不登校の子どもにおすすめの学習サービスです。

不登校指導のスペシャリストが集まっており、入学から卒業までオンラインで完結します。

【無料体験】自分に合ったプロ講師を選べる!【オンライン家庭教師マナリンク 】は、オーダーメイドカリキュラムで、小学校から中学校3年生まで全単元を学習できます。

スタッフのサポートもありますので、相談しながら学習を進めていくことができます。

大学受験にも特化!

オンライン家庭教師マナリンクは、大学受験にも特化しており、オンライン家庭教師の他に、【無料個別相談】先生を選べる!大学受験特化のサポート校【マナリンク高等学院】もあります。

全国の優秀な先生の中から大学受験に特化している自分に本当に合った先生を選ぶことができ、モチベーションを上げ、大学合格へと導いていきます。

無料個別相談・体験実施中!

オンライン家庭教師マナリンクは、ホームスクーリングを全力応援 中学受験コースもあります。

ホームスクーリングにご興味がある方は、この機会に【無料体験】自分に合ったプロ講師を選べる!【オンライン家庭教師マナリンク 】の無料個別相談や無料体験へ参加してみませんか。

まとめ

ホームスクールについてご紹介しました。

ホームスクールの内容やデメリット、メリットについてもお分かりいただけたでしょう。

ホームスクールは、日本ではまだ制度化されていませんが、ホームスクールを取り入れる学習サービスは増加傾向にあります。

積極的不登校の場合は、ホームスクールを取り入れている学習サービス、不登校のお子様の場合は、出席扱いになる学習サービスを、この機会に検討してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました