犬の涙やけの治し方とは

スポンサーリンク
犬の暮らし
スポンサーリンク

愛犬の涙やけ、目やに、目の周りの変色などが気になる時はありませんか。

犬の涙やけは、アレルギーや結膜炎、角膜炎、逆さまつげなど様々な原因があります。

細菌感染や臭いが強い場合は、獣医師に診てもらうことをおすすめしますが、食べ物が原因の場合は、自宅でケアすることができます。

今回は、犬の涙やけの治し方や涙やけにおすすめの対処法などをご紹介します。

スポンサーリンク

犬の涙やけの治し方や原因

犬の涙やけの原因は、様々あります。

細菌感染や酷いアレルギー、普段と違う臭いがするなどの場合は、かかりつけの獣医師に診てもらうことをおすすめします。

しかし、食べ物が原因の場合は、ご自宅で治す方法もあります。

犬の涙やけの治し方としては、内側から見直すことをおすすめします。

犬の涙やけ、目やに、目の周りの変色などは、老廃物が原因だからです。

ここで、目の周りに影響を与える老廃物の正体についてご紹介します。

タンパク質

犬の涙やけ、目やに、目の周りの変色の原因として、タンパク質があります。

タンパク質は、犬の体に必要な栄養素のひとつで、エネルギー源になります。

しかし、タンパク質の質によっては、体内に老廃物が溜まってしまい、目の周りに影響を与えるので、涙やけ、目やに、目の周りの変色の原因になります。

人口添加物

犬の涙やけ、目やに、目の周りの変色の原因として、人口添加物もあります。

人口添加物を含んでいる食べ物が、犬の体内に入り、老廃物となって蓄積すると、目の周りに影響を与えるので、涙やけ、目やに、目の周りの変色の原因になります。

ご紹介したタンパク質、人口添加物による老廃物は、涙やけ、目やに、目の周りの変色の原因になります。

犬の涙やけの治し方として、愛犬の口に入れる物を見直すことが大切です。

水分不足も涙やけの原因になる!



犬の涙やけの治し方として、愛犬の水分摂取量を見直すことも大切です。

犬の涙やけ、目やに、目の周りの変色は、水分不足が原因になることがあるからです。

そして、水分不足は、老廃物が蓄積する原因にもなります。

一般的に、体内の老廃物は、尿によって体外へ排出されます。

しかし、水分不足になると尿の回数が減り、老廃物が溜まりやすくなります。

愛犬の尿の色が濃い黄色の場合は、水分不足のサインです。

普段の水分補給だけでは足りない時は、水分が多いごはんにすることをおすすめします。

犬の涙やけの治し方は健康食品もおすすめ!

ここからは、犬の涙やけの治し方についてご紹介しましょう。

犬の涙やけの治し方として、以下の方法をおすすめします。

  • 目薬を使うこと
  • コットンやガーゼ、使い捨てシートで拭き取ること

また、犬の涙やけの治し方として、健康食品もおすすめです。

ここからは、犬の涙やけ、目やに、目の周りの変色などに効果が期待できる健康食品の「目の周りパッチリ美人」についてご紹介します。

目の周りパッチリ美人とは



犬の涙やけの治し方として、目の周りパッチリ美人もおすすめです。

目の周りパッチリ美人は、ご飯にかけるタイプの無添加・無農薬の健康食品です。

目の周りパッチリ美人の特徴は以下です。

  • 粉末タイプなのでご飯にかけるだけ
  • 完全無添加なので体にやさしい
  • 50種類以上の生きた酵素で内側からキレイになる
  • 食物繊維も豊富
  • 1日わずか87円(小型犬)

目の周りパッチリ美人の使い方

目の周りパッチリ美人は、犬だけではなく、猫にも与えることができます。

目の周りパッチリ美人の使う際は、以下の量を目安にしてください。

  • 小型犬1日約1ℊ
  • 大型犬1日約1.5g

即効性はないので、1か月を目安にして、愛犬の食事の際にプラスしてください。

また、お湯と混ぜると効果がなくなるので、ご注意ください。

お得にお届け便は2大特典あり

目の周りパッチリ美人は、今なら半永久的に20%OFFになります。

約30日分(小型犬1日1ℊ)3,280円が、2,620円です。

簡単な4つのアンケートに答えるだけで、以下の特典があります。

  • 半永久的に20%OFF2,620円
  • 全国どこでも送料無料

Amazonアカウントをお持ちの方は、Amazonアカウントからのお支払いも可能です。

犬の涙やけ、目やに、目の周りの変色などが気になる方は、目の周りパッチリ美人をこの機会に是非ご検討ください。

まとめ

犬の涙やけの治し方や涙やけにおすすめの対処法などについてご紹介しました。

犬の涙やけ、目やに、目の周りの変色には原因があることもお分かりいただけたでしょう。

犬の涙やけは、添加物入りや酸化したドッグフード、おやつなどが原因になることもありますので、賞味期限や品質、愛犬に合うかどうかのチェックも大切です。

愛犬と楽しい毎日を過ごすために、愛犬の口に入れる物を見直してみませんか。

タイトルとURLをコピーしました