コミュニケーション能力を高める子供向けゲーム

スポンサーリンク
家庭学習
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

コミュニケーション能力が高い子供は、人間関係が築きやすいので、お友達ができやすいという特徴があります。

コミュニケーション能力は、子供の頃だけではなく、大人になり、社会に出てからも必要な力です。

コミュニケーション能力は、様々な場面で活用することができますから、子供の頃から養い、高めることをおすすめします。

今回は、コミュニケーション能力を高める子供向けゲームやコミュニケーション能力を高める必要性、方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

コミュニケーション能力を高める必要性や方法とは

コミュニケーション能力は、人と人が会話して気持ちを伝え合う際に必要な力です。

意思の疎通のために欠かせない力がコミュニケーション能力ですが、恥ずかしがり屋や度胸がないなどの理由で、人と交流することが難しいお子様もいるようです。

  • 場数を踏むために挨拶する
  • 親が人との会話を楽しむ様子を見せる
  • 語彙力を高める
  • 外出の機会を増やす

上記のような方法で、コミュニケーション能力を高めることができますが、コミュニケーション能力は、お友達やご家族と一緒に遊びながら高めていくこともできます。



コミュニケーション能力を高める子供向けゲームとは

コミュニケーション能力は、ごっこ遊びや外遊びなど遊びながら高めることもできます。

例えば、お友達やご家族とのごっこ遊びでは、想像力や記憶力、表現力などを使います。

ごっこ遊びは、様々なことを考えて遊びを展開していく中で、コミュニケーション能力を高めることができます。

コミュニケーション能力は、お友達やご家族、親子で遊ぶ中であれば、無理なく、自然に高めることができるでしょう。

ここからは、コミュニケーション能力を高める子供向けゲームをご紹介します。

きいて・はなして はなして・きいて トーキングゲーム

【きいて・はなして はなして・きいて トーキングゲーム】は、コミュニケーション能力を高める効果が期待できるカードゲームです。

自分の話を聞いてもらう喜びや相手の話を聞く楽しさがあります。

「好きな色は何?」「1日だけ魔法が使えるとしたら何をする?」など、カードに書かれた質問に答えるだけで、コミュニケーションを体験できます。

ルールは、相手の話を最後まで聞くことなので、子供でも理解しやすい内容です。

人の話を聞ける子だけではなく、自分の気持ちを話せる子になるという効果も期待できます。

カウンセリングの手法を取り入れているゲームなので、楽しさだけではなく、安心感や心地良さもあるカードゲームです。

きいて・はなして はなして・きいて トーキングゲームの対象年齢は、6歳からです。

こぶたのおんぶレース

【こぶたのおんぶレース】は、4歳のお子様でも楽しく遊べるボードゲームです。

コースが進化、サイコロが進化、コマが進化など様々な進化があります。

子供が夢中になれるしかけが詰まっているので、すごろくの進化系とも言われています。

一般的なすごろくとは異なり、自分でルートを作るゲームなので、子供の創造力を養うことができます。

他のこぶたのマスに止まった時は、おんぶして運んでもらえるという協力プレイもあるので、自然に会話が生まれ、子供のコミュニケーション能力を養うこともできるでしょう。

誰かがゴールしそうになった時には、道を延長することもでき、逆転のチャンスもありますから、思考力を伸ばすこともできるゲームです。

こぶたのおんぶレースの対象年齢は、4歳以上です。

ドンジャラNEO SPY×FAMILY

【ドンジャラNEO SPY×FAMILY】は、SPY×FAMILYの世界観を楽しめるゲームが5種収録されているドンジャラです。

ドンジャラは、9個のパイを揃えて遊ぶ絵合わせゲームのドンジャラとSPY×FAMILYドンジャラの2種類あります。

ドンジャラNEO SPY×FAMILYは、基本のドンジャラに特殊効果が追加されており、ステラ(星)マークのパイを捨てると様々な効果が発動するという面白さがあります。

ドンジャラ遊びにはルールがありますから、自分勝手な行動をせず、みんなで楽しむことで、協調性、思いやりなどを身につけることができます。

SPY×FAMILYのドジャラで遊ぶことで、親子や家族の会話が増えれば、絆を深めるだけではなく、子どものコミュニケーション能力も高めることができるでしょう。

ドンジャラNEO SPY×FAMILYの対象年齢は、6歳以上です。

コミュニケーション能力を高める【スイカゲーム】もおすすめ!

コミュニケーション能力を高める子供向けゲームとして、Nintendo Switchで楽しめるゲームもおすすめです。

中でもおすすめのゲームは、【スイカゲーム】です。

スイカゲームは、Nintendo Switchのゲームです。

可愛い姿のフルーツたちを合わせていくだけという、とてもシンプルなルールのゲームです。

スイカゲームは、一人でも楽しむゲームですが、見ているだけでも面白いので、お友達との時間や親子時間にもおすすめです。

スイカゲーム中には自然に会話が生まれますし、上手な人は苦手な人にアドバイスすることもできます。

「シンカ」を見ているだけでも楽しめるゲームなので、「頑張って!」、「さくらんぼは重いから右がいいよ!」など会話することで、コミュニケーション能力を養うこともできるでしょう。



コミュニケーション能力を高める【英会話】とは

コミュニケーション能力を高める子供向けゲームをご紹介しましたが、コミュニケーション能力は【英会話】で高めることもできます。

英語は、幼児教育としても人気がありますから、英語育児を取り入れているご家庭もあります。

英会話では、英語学習だけではなく、会話力、社交性を学ぶこともできます。

先生との英会話で、自己表現力が身につき、コミュニケーション能力を高めることもできます。

リップルキッズパーク

【リップルキッズパーク】は、こども専門のオンライン英会話ができる教室です。

ABCがわからないお子様でも安心して始めることができる教室なので、リップルキッズパークの顧客満足度は90%以上です。

英語学習は、幼児期から始めることで、ネイティブ発音の習得が期待できると言われています。

マンツーマンレッスンなので、お子様の状況に合わせた内容での英語のレッスンを受けることができます。

歌やお話を聞く、ゲーム、クイズを行うなど、お子様が楽しく英語を学べるコンテンツが豊富なので、自然に英語を学ぶことができます。

無料体験レッスン実施中!

子ども専門オンライン英会話ならリップルキッズパークでは、無料体験レッスンを実施しています。

無料体験レッスンは、2回受講できます。

リップルキッズパークの無料体験レッスンへ参加して、子供のコミュニケーション能力を育み、高めてみませんか。



まとめ

コミュニケーション能力を高める子供向けゲームについてご紹介しました。

コミュニケーション能力は、お友達やご家族とゲームで楽しく遊びながら、高めていくことができるということがお分かりいただけたでしょう。

コミュニケーション能力は、子供の頃だけではなく、大人になってからも必要な力です。

会話力が高まり、人間関係が築きやすくなりますから、この機会に、ご家庭内での遊びの中に、ご紹介したゲームを取り入れてみませんか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました