学力を向上させるには?勉強法や親のサポートの仕方も

スポンサーリンク
プログラミング教室
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

学力を向上させるには、学校で勉強するだけではなく、予習、復習、宿題など家庭学習を取り入れることも大切です。

家庭学習をすれば、学力の向上が期待できますが、家では「なかなか机に向かわない」、「ゲームばかりしている」など子どもの学力、勉強法についてお悩みの方もいるでしょう。

今回は、学力を向上させるには、どんな方法があるのか、おすすめの勉強法や親のサポートの仕方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

学力を向上させる勉強法や親のサポートの仕方とは

学力を向上させるためには、学校の授業に集中して、内容をきちんと理解することが大切です。

授業をしっかり聞いて、復習する、宿題に取り組む、新しい所の予習をするなど、家庭学習も取り入れることで、学力の向上が期待できます。

しかし、学力低下を心配する保護者の方は多く、以下のような調査結果があります。

「かなり心配している」、「多少心配している」76.1%

「どちらともいえない」9.6%

「あまり心配していない」、「全く心配していない」11.6%

文部科学省学校教育改革についての保護者の意識調査概要(抜粋)

上記のように、子どもの学力の低下を心配する保護者は多いようです。

学力向上のために、親が子供の勉強をみるご家庭、塾や通信教育などを利用しているご家庭もあるという結果も出ています。

まずは、学力を向上させるためにはどのようにすれば良いのか、勉強法や親のサポートの仕方についてご紹介します。

学習習慣をつける

学力を向上させるための勉強法は、学習習慣をつけることです。

勉強する習慣がないお子様の場合は、まず机に向かうことから始めましょう。

子供部屋で集中できない時は、リビング学習という方法もあります。

リビング学習は、家族が周りにいるので、安心感に包まれながら勉強できるので、集中力も高まるという効果があります。

小学生の勉強時間は、学年×15分と言われています。

短時間の勉強から始めて、徐々に時間を伸ばしていくことがポイントです。

最初は好きな教科から取り組み、毎日勉強を続けることで、学習習慣がついて、学力の向上に繋がるでしょう。

勉強が終わったら「偉いね!」、「長い時間できたね」など、親が子どもを褒めることも大切です。

次も勉強しようという前向きな気持ちや意欲に繋がるような言葉をかけましょう。

知的好奇心を伸ばす

学力を向上させるための勉強法は、知的好奇心を伸ばすことです。

知的好奇心は、物事についてもっと知りたい、知識を深めたいと感じる欲求であり、気持ちです。

知的好奇心を高めることは、子どもの学習意欲、学力の向上に繋がります。

例えば、小学校で必修化されたプログラミング学習に興味があるお子様の場合は、プログラミング教材や教室で学びを深めることで、知的好奇心が広がっていきます。

プログラミング学習では、プログラミング的思考や論理的思考、問題解決力などを養うことができるので、子どもの考える力も伸びていきます。

好きなこと、得意なことが見つかると、自信や意欲にも繋がるので、他の教科に対しても取り組みやすくなるでしょう。

教科別に理解を深める

学力を向上させるための勉強法として、教科別に理解を深めていくこともおすすめです。

得意な教科もあれば、苦手な教科もあるでしょう。

苦手な教科ほど避けたくなるかもしれませんが、避けていてはいつまで経っても学力は向上しません。

算数や英語など、教科の学びを強化できるタブレット学習教材もあります。

タブレット教材は、手軽に学習できますし、お子様でも楽しく学べて、やる気を引き出す内容が豊富です。

苦手な所、間違えた所を何度も繰り返して学べる反復学習機能があれば、学びを定着させることができます。

幼児期から取り入れることができるタブレット学習教材もありますので、家庭学習を早めに始めたいとお考えの保護者の方にもおすすめです。

速読を身につける

学力を向上させる勉強法として、速読を身につけることもおすすめです。

速読は、脳の機能を向上させる、視野が広がる、決断が速いなどの効果が期待できます。

速読が身につけば、学習時間が増えるので、学力や効率を自然に高めることができます。

お子様が興味や関心がある本を毎日読むことで、速読だけではなく、イメージ力、集中力も養うことができます。

毎日の予習、復習、宿題と併せて、読書を取り入れることで、速読も身につき、学力を向上させることができるでしょう。

親も何かに取り組む

学力を向上させるための勉強法として、も何かに取り組むことがおすすめです。

子どもは、親の姿を見ていますので、親が何かに真面目に取り組んでいる姿を見ることで、刺激を受け、勉強に取り組みやすくなります。

  • 読書する
  • 資格取得のための勉強をする
  • 裁縫する

上記のように、親が子どもに勉強する姿勢を見せて、子どもの学習意欲を高めましょう。

親が勉強することが当たり前で、自然なことと子どもに思わせることができれば、家庭学習に取り組むハードルも低くなります。

親子で一緒に勉強する時間が増えることで、子どもの学力も自然に向上していくでしょう。

塾や家庭教師、学習教材を利用する

学力を向上させるための勉強法は、塾や家庭教師、学習教材を利用することです。

学力を向上させるための方法を取り入れても変わらない場合は、プロのサポートを得ることもおすすめです。

実績がある塾や家庭教師などは、生徒に寄り添い、学習の理解度を高めてくれますし、学習教材も子どもがやる気や意欲が出るようなカリキュラムが豊富にあります。

お試し体験ができる所もありますので、お子様の性格に合っていて、楽しく学べそうな所を選ぶことで、学力を向上させることができるでしょう。

学力を向上させる勉強法の注意点とは



学力を向上させるための方法をご紹介しましたが、ここからは注意点をご紹介します。

勉強に不必要な物を置かない

学力を向上させる勉強法の注意点は、勉強机や勉強部屋などに不必要な物を置かないことです。

ゲームやおもちゃ、スマホなどは、子どもの集中力を低下させることに繋がりますので、勉強に必要な物だけを置くことが大切です。

問題を解いて終わりにしない

学力を向上させる勉強法の注意点は、問題を解いて終わりにしないことです。

勉強は、問題を解いて、答え合わせをして終わりではありません。

間違えた所、理解していない所があれば、きちんと習得するまで繰り返して学ぶことが大切です。

間違えた所や苦手な所だけを集めてノートに残すこともおすすめです。

紙に書くことで記憶に定着させる効果も期待できます。

分かっているつもりでは、テストで正解を出すことは難しいですから、解いて終わりではなく、理解できるまで勉強して基礎学力をつけましょう。

無計画に行わない

学力を向上させる勉強法の注意点は、無計画に行わないことです。

勉強は、目標を立てることで、効率的に進めていくことができます。

例えば、苦手な科目があれば、その科目を集中して取り組む必要がありますが、無計画に進めても集中力は続かないでしょう。

  • 今日は、ドリルの〇ページから〇ページまで勉強すること
  • 今日は、英単語、算数の公式など暗記が必要な所を覚えること

子どもが1人で計画を立てることができない場合は、親も一緒に考えてあげましょう。

計画は、最初は簡単なことから始めて、「テストで80点以上を目指す」、「クラスの上位に入る」など徐々にレベルアップさせることもおすすめです。

学力が向上すれば、「○○大学へ入りたい!」と具体的で大きな目標に向かって、主体的に進んでいくことができるでしょう。

学力の向上におすすめのオンライン教材「すらら」とは



学力を向上させるにはどのようにすれば良いか、勉強法をご紹介しましたが、ドリルや問題集、タブレット教材、通信教育などを利用することもおすすめです。

ここでは、無学年式オンライン教材「すらら」をご紹介します。

すららは、キャラクターと進める学習スタイルで、タブレットを使用します。

タブレット学習は、学習習慣がつきやすく、またモチベーションアップも期待できるという特徴があります。

勉強が楽しくなることで、勉強に慣れていないお子様も主体的に取り組むことができるようになります。

すららの学習範囲は、小学校1年生から高校3年生までです。

国語、数学、理科、社会、英語の5教科学習ができるので、大学生の学び直しや一般の方にも活用できます。

すららでは無料体験実施中!

すららでは、無料体験実施しています。

89.1%のお子様が「すらら」を継続していますので、是非この機会にご検討ください。



まとめ

学力を向上させるにはどのようにすれば良いか、勉強法や親のサポートの仕方、おすすめの学習教材などについてご紹介しました。

子どもは、親の姿を見て真似るので、親が真剣に取り組む姿を見せることが大切ということもお分かりいただけたでしょう。

学習意欲を高めて、集中して取り組むためには、親の声がけ、サポートが必要です。

お子様がやる気が出そうな学習内容や教材を積極的に取り入れて、学力向上を応援しましょう。



タイトルとURLをコピーしました