無農薬野菜の子供への効果

スポンサーリンク
犬の暮らし
スポンサーリンク

普段、スーパーやコンビニなどで購入する野菜や果物などには、農薬が使われています。

「気にしない」、「味は一緒」など、農薬そのものを口にするわけではないので、特に意識することなく、日常的に購入している方もいるでしょう。

しかし、無農薬野菜と農薬を使った野菜には、様々な違いがありますし、子供へ悪影響を与える可能性もあることはご存じでしょうか。

今回は、無農薬野菜の子供への効果やメリット、デメリットなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

無農薬野菜の子供への効果やメリットとは

無農薬野菜は、農薬を一切使用しない野菜だけではありません。

ある基準や配慮によって農薬を使用している野菜もあります。

  • 無農薬野菜(農薬不使用)
  • 有機野菜(化学的合成肥料・農薬不使用・遺伝子組み換えなし)
  • 特別栽培農産物(農薬使用回数、肥料、化学合成農薬削減など一定の条件を満たして生産)

以上の3つは、栽培方法が異なります。

無農薬野菜には国で定めた基準はないのですが、栽培期間中の農薬散布は、一切せずに作られているので、安全性は高い野菜と言えます。

まずは、無農薬野菜の子供への効果やメリットなどをご紹介します。

農薬リスクを軽減

無農薬野菜の子供への効果として、農薬リスクを軽減できるということがあります。

農薬は、人体には影響がないと言われていますので、特に気にしていない方は多いようです。

しかし、農薬の中には影響を与える種類もあります。

例えば、ネオニコチノイド系農薬です。

ネオニコチノイド系農薬は、神経伝達物質に影響を与える可能性が指摘されています。

欧州連合(EU)では、生態系や健康への影響を及ぼしかねないということで、全面排除の動きが高まっています。

無農薬野菜であれば、農薬による心配がないので、お子様だけではなく、ペットにも安心して与えることができるでしょう。

野菜本来の味を感じることができる

無農薬野菜の子供への効果として、野菜本来の味を感じることができるということもあります。

野菜は、農薬を使用しなくても厳しい自然環境の中で、本来は成長することができます。

無農薬の野菜であれば、農薬や化学的肥料がない分、効率よく栄養を吸収して、自分の力で生きる強さがあるので、野菜の味が濃くなります。

無農薬なので、甘みも感じやすく、野菜嫌いのお子様でも美味しく味わうことができるでしょう。

安全性が高い

無農薬野菜の子供への効果として、安全性が高い物を食べさせることができるということもあります。

近年、自閉症や学習障害などのお子様が増加傾向にあり、その要因のひとつとして農薬の影響が指摘されています。

子供の発達障害は、年々増加している原因として、農薬や化学物質による影響が挙がっています。

また、農薬は、発達障害だけではなく、神経系やガン、アレルギー疾患との関係も疑われています。

無農薬野菜であれば、子供だけではなく、ペットにも安心して食べさせることができるでしょう。

無農薬野菜のデメリットとは



無農薬野菜の子供への効果やメリットをご紹介しましたが、デメリットもあります。

ここで、無農薬野菜のデメリットをご紹介します。

値段が高い

無農薬野菜のデメリットとして、値段が高いということがあります。

無農薬野菜は、農薬を使用しないので、手間がかかります。

手間がかかる分、通常の野菜よりも値段が高くなりやすい傾向にあります。

形が不揃い

無農薬野菜のデメリットとして、形が不揃いということもあります。

農薬や化学肥料を使用すれば、野菜の形は均一になります。

しかし、無農薬の場合には安定的に育てることができません。

見た目が悪くなると手に取ってもらいにくいので、安くて新鮮に見える農薬野菜を購入する方のほうが多いようです。

美味しい野菜が購入できる宅配サービスとは



無農薬野菜の子供への効果についてご紹介しましたが、実際に購入する際は、どこが良いか迷う方もいるでしょう。

直売所や無農薬野菜を揃えるスーパーもありますが、自宅まで運んでくれる宅配サービスもあります。

野菜を安心して購入できる宅配サービスの中には、肉や果物、日用品も購入できるところもあるので、お年寄りやお子様がいるご家庭におすすめです。

農薬について独自の基準を定めている「あいコープ」、「パルシステム」をご紹介します。

あいコープ

あいコープは、安全・安心な食品をご自宅の玄関先までお届けする生活協同組合です。

あいコープでは、農薬表示があるので、ご自身の目で確認することができます。

農薬表示は、あいコープのカタログの野菜の欄にあり、防除や農薬成分数、有機、産地などについての記載もあります。

また、あいコープでは、化学合成農薬・化学肥料不使用栽培、有機栽培であり、ネオニコチノイド系農薬、類似農薬などを使用しないという基準があります。

ネオニコチノイド系農薬不使用の栽培は、組合員の声から始まりました。

  • 2011年ネオニコチノイド系農薬不使用の米作り開始
  • 2014年青果品でのネオニコチノイド系農薬削減に向けた取り組み開始

あいコープでは、今後、生物・環境への影響が指摘されるものについても、実態調査を行い、削除対象農薬に追加するという独自の動きもあります。

野菜だけではなく、米、果実類についても栽培基準を設けているので、子供やペット、ご家族で安心して食べることができるでしょう。

あいコープの美味しさは野菜だけじゃない!

あいコープの魅力はまだまだあります。

  • 化学調味料や不要な添加物を使わない
  • 国産原料にこだわっている
  • 遺伝子組み換え表示がある
  • 地産地消を目指す
  • 飼育は薬剤に頼らない
  • 日本初の放牧酪農牛乳がある
  • 残留放射能の結果を公開している
  • お料理キットがある
生協抽選_豪華景品プレゼントキャンペーン

あいコープでは、WEBからの加入で以下の特典があります。

  • 産直焼肉セットプレゼント
  • 宅配手数料4週間無料

お得に加入できるこの機会に、是非ご検討ください。

あいコープの資料請求・ご加入はこちらから

パルシステム

パルシステムは、首都圏中心の約160万世帯の組合員で構成される生活協同組合です。

国産、産直にこだわっており、化学調味料は不使用です。

安心な食材だけではなく、時短料理のミールキット、冷凍食品、離乳食作りに便利な素材などが豊富に揃っています。

野菜作りは、あいコープと同様、独自の栽培基準を定めています。

また、パルシステムの放射能基準は、国よりも厳しく設定していますから、安全安心な商品を購入することができます。

パルスステムでは、新規ご加入で4,000円分のクーポンプレゼントという特典があります。

お得に加入できるこの機会に、是非パルシステムもご検討ください。

まとめ

無農薬野菜の子供への効果やメリット、デメリットなどについてご紹介しました。

無農薬だけを選んで食べることができれば良いですが、入手する手段が限られますし、価格も高いので、なかなか難しいかもしれません。

海外では人体に影響を与える農薬を排除する動きが高まっていますので、今後は、日本でも無農薬野菜が増加していくかもれません。

特に、お子様やペットは、体が小さいので、安全に購入できるところを選びたいものです。

生産者の顔が見えるタイプで販売するところもありますので、応援する気持ちで、無農薬野菜を選ぶ生活を始めてみませんか。

タイトルとURLをコピーしました