子どもが魚を食べる必要性は?魚の栄養や注意点も

スポンサーリンク
家庭学習
当ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

成長時期の子どもは、魚や野菜、お肉などバランス良く食べる必要があります。

しかし、魚は、骨がある、食べづらい、生臭いなどの理由で苦手なお子さまが多いようです。

魚には、様々な栄養がありますから、脳や体の成長期の子どもにはおすすめの食べ物です。

今回は、子どもが魚を食べる必要性や注意点などについてご紹介します。

スポンサーリンク

子どもが魚を食べる必要性は?

魚には、様々な栄養素があり、魚を食べることでしか摂取できない栄養素もあります。

まずは、子どもが魚を食べる必要性についてご紹介します。

脳の発達を促す

子どもが魚を食べる必要性は、脳の発達を促すからです。

魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)という栄養素が含まれています。

DHAとは

DHAは、脳の働きを活性化させて学力アップや記憶力アップの効果、脳の発育にも良いと言われています。

脳は、必要な成分しか通さないのですが、その中の成分の一つとしてDHAがあります。

EPAとは

EPAは、血栓予防や抗炎症作用があり、血液をサラサラにする効果が期待できます。

DHAやEPAは、体内でほとんど作ることができない必須脂肪酸ですから、魚を積極的に摂取しましょう。

丈夫な歯や骨を作る

子どもが魚を食べる必要性は、丈夫な歯や骨を作るからです。

魚を食べることで摂取できるビタミンDは、カルシウムの吸収を促進する効果が期待できます。

カルシウムは、歯や骨を作る際に欠かせません。

カルシウムは、成長期の子どもには欠かせない栄養素であり、骨ごと食べることができる魚料理もおすすめです。

子どもは、魚を食べることで、骨が丈夫になるだけではなく、身長も伸びる効果も期待できます。

ビタミンDは、紫外線にあたることも必要なので、外遊びもすることで、更に効果を高めることができるでしょう。

子どもの体に必要な栄養素が豊富

子どもが魚を食べる必要性は、たんぱく質やアミノ酸など、体に必要な栄養素が豊富だからです。

良質なタンパク質

魚には様々な栄養素が含まれますが、中でもタンパク質は、骨や筋肉、髪の毛、筋肉などに欠かせない栄養素です。

タンパク質の中には、脂質が多く、食べすぎると肥満になりやすい食べ物もあります。

しかし、魚には良質な脂肪酸が豊富なので、肥満になる心配がありません。

高血圧を抑制する効果、認知症予防効果なども期待できるので、大人にとってもおすすめです。

免疫力を高めるアミノ酸

魚に含まれるタンパク質は、体内で分解されてアミノ酸になります。

アミノ酸の効果は、免疫力を高めるだけではありません

アミノ酸の効果は以下です。

  • 免疫力アップ
  • ストレス軽減効果
  • 新陳代謝を高める効果

子どもが魚を食べることは、栄養補給ができるだけではなく、体内の免疫機能を高めて、強い体へ導く効果も期待できるでしょう。

食育になる

子どもが魚を食べる必要性は、食育になるからです。

食育は、食事のマナーを身につけることや料理、お手伝いなど様々なことがあります。

魚料理が苦手でも残さずに、全部食べることも食育の一つです。

子どもの頃の食習慣は、大人になってから改めることは難しいので、生活習慣病を予防するためにも苦手意識を持たず、バランスの良い食生活を送ることが重要です。

ご家庭で食育を行うことは、子どもの心と体の健康にも繋がるので、早期幼児教育として取り入れることもおすすめです。



子どもが魚を食べる時の注意点とは

子どもが魚を食べる必要性についてご紹介しましたが、注意したほうが良いこともあります。

ここで、子どもが魚を食べる時の注意点をご紹介します。

魚の骨に気を付ける

子どもが魚を食べる時の注意点は、魚の骨に気を付けることです。

ある程度の年齢になれば、子どもでも自分で魚を食べることができます。

しかし、小さいうちは、魚の身も骨も一緒に飲んでしまう可能性があるので、骨を取ってあげる必要があります。

水銀量に気を付ける

子どもが魚を食べるときの注意点は、水銀量に気を付けることです。

魚の中でも、特に大きな魚は、水銀量が多いこともあります。

例えば、メカジキ、キンメダイ、メバチマグロなどは、水銀量が多い魚に分類されます。

1週間に2回程度、1週間に80ℊ程度などを目安にするか、水銀の心配がない魚を食べるようにしましょう。

水銀量の心配がない魚

水銀量の心配がない魚の一部は、以下です。

  • サンマ
  • カツオ
  • ツナ缶
  • アジ
  • サバ
  • イワシ

アレルギーが出ないか確認

子どもが魚を食べる時の注意点として、アレルギーが出ないか確認するということも大切です。

先程ご紹介したDHAやEPAは、青魚から摂取できるのですが、中にはアレルギー症状が出るお子様もいます。

特に、青魚を初めて食べさせる際は、お子様の体に変化が出ないかどうかをしっかり確認することが大切です。

食べやすくする

子どもが魚を食べる時の注意点は、食べやすくすることです。

魚に苦手意識があるお子様には、食べやすい食事にすることがおすすめです。

魚が苦手な子どもにおすすめの対処法

魚が苦手、魚嫌いなどのお子様におすすめの対処法は以下です。

パサつき感が苦手な子どもの場合

魚の煮つけやシチュー、トマトスープなどに入れて、食べやすくする。

魚の見た目が苦手な子どもの場合

細かく切る、ミンチにするなどして、唐揚げやハンバーグと混ぜて調理し、食べやすくする。

魚の臭みが苦手な子どもの場合

ツナ缶を利用して、食べやすくする。

魚そのものが苦手な子どもの場合

かまぼこ、魚肉ソーセージ、ちくわ、さつまあげなどを利用して食べやすくする。



子どもにおすすめ冷凍幼児食【mogumo】

【mogumo(モグモ)】は、鮭や赤魚、サバなど、栄養満点の魚料理が冷凍でご自宅へ届きます

管理栄養士が監修しているので、幼児期に必要な栄養素をカバーでき、献立に悩む心配もありません。

【子どもお墨付き】冷凍幼児食mogumoは、電子レンジを使うので、お子様もスイッチを押すだけで、お料理気分を味わうことができます。

全30種類!

モグモは、和・洋・中の全30種類の中からメニューを選ぶことができます。

魚料理だけではなく、肉料理、パン、スープ、カレー、おにぎり、野菜など、メニューが豊富です。

【子どもお墨付き】冷凍幼児食mogumoを利用すれば、買出しに行く時間を作ることやレシピに悩むこともありません。

初回は半額!

mogumoは、今なら大人気のおすすめ8商品を初回半額で利用することができます。

【子どもお墨付き】冷凍幼児食mogumoは、全額返金保証も付いています。

レストランごっこができるメニュー表や可愛いパッケージなど、子どもが喜ぶ商品が届きます。

【初回限定】 もぐもぐセットもありますので、この機会に【初回は1食390円】冷凍幼児食mogumoを試してみませんか。



子どもにおすすめ魚の栄養をだしで摂る方法

子どもが魚を食べない時には、手軽に摂取できるお魚のだしもおすすめです。

お魚まるごと栄養ミネラルだし】は、お料理にだしとして使うだけで、手軽に栄養補給できます。

お魚まるごと 栄養ミネラルだしは、いわし・かつお・昆布などの原材料を丸ごと微粉末体にしており、吸収されやすいペプチドという状態になっています。

一般的にたんぱく質は、消化から吸収まで3時間から4時間かかりますが、ペプチド化された場合は、約30分で吸収されると言われています。

煮物やカレー、パスタ、だし巻き卵、炒め物など、どんな料理にもサッと加えるだけで、簡単に美味しく栄養補給ができ、料理の隠し味にもなります。

離乳食にも使える!

お魚まるごと 栄養ミネラルだしは、無添加で、塩や砂糖を使わずに味付けができるので、離乳食にも最適です。

手軽に栄養摂取が可能で、2024年4月日本マタニティフード協会認定 マタニティフードマーク認証フードとなりました。

お子様からお年寄りまで手軽に摂取できますから、この機会に栄養補給としてお魚まるごと栄養ミネラルだしを取り入れませんか。



子どもにおすすめ魚の栄養をグミで摂る方法

こどもDHAドロップグミ】は、みかん味のDHAドロップグミです。

1日3粒で、DHA47.8mg、EPA2.3mgを子どもも大人も手軽に摂取できます。

こどもDHAドロップグミは、魚が苦手なお子さまや魚不足をkなじる時にもおすすめの栄養補助食品です。



まとめ

子どもが魚を食べる必要性や注意点などについてご紹介しました。

魚料理を食べることは、子どもにとって様々な効果があることもお分かりいただけたでしょう。

簡単に魚の栄養を摂取する方法や魚料理などもありますので、ご家庭内のおうちごはんに魚を取り入れてみませんか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました